ソニーのA/Eマウント別のおすすめマクロレンズ

ソニーのA/Eマウント別のおすすめマクロレンズ

ソニーの交換レンズにはAマウントと、Eマウントの2種類があります。

そこで、それぞれのマウント用のおすすめのマクロレンズを紹介していきたいと思います。

 

ソニーのEマウント用のおすすめのマクロレンズ

ソニーのEマウントは主にミラーレスのカメラで使えるマウントのレンズになります。

Aマウント用のボディと互換性はなく、Aマウント用のレンズを使用することはできないので、購入の際は注意してください。

 

ソニー SONY 単焦点マクロレンズ E 30mm F3.5

ソニーのEマウント用の30mm F3.5の単焦点マクロレンズになります。
ソニーのマクロレンズとしては一番売れていて人気のあるレンズです。

APS-C専用のレンズなので、フルサイズ換算で画角は60mm程度になります。
マクロレンズとしては使いやすい画角です。
マクロレンズとしては広角よりなので、風景撮影用の単焦点レンズとしても使えます。

このレンズの人気の高さはコストパフォーマンスの良さです。
画質解像度はそこそこですが、値段が非常に安いためお買い得なレンズです。

初めてマクロレンズを購入する方はとりあえずこちらを購入するのがおすすめです。

短所としては開放Fが少し大きいことです。
開放でも画質がよくしっかりと取れるのですが、F2.8は欲しかった所です。
開放F3.5のため、少し暗いところでの撮影やボケについてはちょっと弱いです。

 

ソニー デジタル一眼カメラ FE 50mm F2.8 Macro Eマウント用レンズ

先ほどのレンズの上位互換に当たるレンズで、フルサイズ機にも対応してます。
焦点距離が50mmなので画角は少し変わってきますが、こちらのレンズのほうが高性能で、高画質です。

このレンズの魅力は50mmの画角でありながら、最短撮影距離が16㎝と非常に身近いいところです。
限りなく被写体に近づいて撮影することができるので、小さいものをより大きく撮影することができます。

開放Fも2.8でマクロ撮影をした時のボケは非常にきれいです。
コンパクトな大きさでお値段も手ごろなので、おすすめのマクロレンズです。

本格的なマクロ撮影による作品づくりから、テーブルフォト、スナップ、風景、ポートレートの撮影まで幅広いシーンで使うことのできる汎用性の高いマクロレンズです。

 

 

ソニー SONY マクロレンズ FE 90mm F2.8 Macro

こちらもソニーのフルサイズ対応の90mmマクロレンズです。
純粋な画質や解像度、オートフォーカスなどの性能ではソニーで一番のマクロレンズです。

焦点距離が90mmと中望遠のため、先ほどの50mmのマクロレンズよりさらにキレにボケてくれるレンズです。
手振れ補正もついているため、手持ちのマクロ撮影でもブレずにしっかり撮影することができます。

マクロ撮影は非常にシビアなピント合わせが要求されます。
このレンズには、フォーカスリングを前後にスライドさせるだけで、AF/MFを素早く切り替えられる「リングスライドスイッチ」や全長固定でレンズの繰り出しのない「インターナルフォーカシング」、フォーカスロックを迅速に行える「フォーカスホールドボタン」が備わっていて、マクロ撮影のしやすさが格段に向上しています。

性能はピカイチですが、重さが600gとちょっとコンパクトさに欠けるという点と、価格が高価である点です。

値段と性能は釣り合っているので、予算がある方にはぜひともこちらの90mmマクロレンズの購入をお勧めします。

 

ソニーのAマウント用のおすすめのマクロレンズ

ソニーのAマウント用のレンズは、ソニーのEマウントボディでもマウントアダプターを装着すれば使うことができます。

 

TAMRON 単焦点マクロレンズ SP90mm F2.8

ソニーのAマウントに対応している、タムロンの90mmマクロレンズです。
このレンズは通称タムキューと呼ばれていて非常に高性能なマクロレンズです。

画質はカミソリマクロと呼ばれるほどで細部まできっちり解像してくれます。
手振れ補正も、新しくシフトブレ補正という機構が備わって、手ぶれに非常に強くなっています。

防滴防塵となっていて、外部からレンズの中にチリや水滴が入り込まないようになっています。

正直ソニーの純正100mmマクロレンズよりも性能は上なので、Aマウントのカメラでしたら、このレンズを飼うのが一番おすすめです。

 

ソニー SONY 100mm F2.8 Macro

ソニーの純正の100mmマクロレンズです。
先ほど述べたように性能的にはタムロンの90mmマクロレンズのほうが上です。

とはいえそこまで、大きな差があるわけではないので純正にこだわりたい人はこちらのレンズもアリです。

こちらのレンズは中古であれば、タムロンのレンズよりだいぶ安く購入することができます。
ちょっとでも価格が安いほうがいいという方にもおすすめです。

 

 

 

カメラカテゴリの最新記事