スニーカーにおすすめの防水スプレー、使い方や使用頻度を紹介!

スポンサーリンク

スニーカーを長く愛用するためには、ちゃんとしたお手入れが必要です。

その内の一つが防水スプレーです 。

スニーカーに防水スプレーをしておくことで、ちょっとの雨なら濡れないだけでなく、スニーカーに汚れが付きにくくして、長く愛用できるようにする効果もあります。

そこで、本記事ではスニーカーにおすすめの防水スプレーと、防水スプレーの使い方や使用頻度などについて紹介していきたいと思います。

スニーカーに防水スプレーを使うメリット、効果

近年、ABCマートやASBeeなどの大手の靴専門店のレジ付近で、防水スプレーが置かれることが多くなりましたよね。
見かけたことがある人も多いと思います。

靴を買った時に一緒に防水スプレーいかがでしょうかって勧められた経験のある方もいらっしゃるかと思います。

そこで防水スプレーはどんなものなのか、自分の持っているスニーカーにかけるとどんなメリットがあるのかを紹介しいていきたいと思います。

防水(撥水)効果が得られる

まず、当たり前と言えば当たり前ですが、防水効果を得ることができます。
防水と言ってもスプレーすれば完全防水になるというわけではありません。
厳密に言えば、防水スプレーをかけると撥水効果、つまりは水をはじく効果を得ることができるのが防水スプレーです。

ちょっとした雨であれば靴が水をはじいてくれるようになるので、雨の日でも快適に履くことができます。

 

汚れにくくなる、撥油効果もある

防水スプレーは、スニーカーを汚れにくくする効果もあります。
防水効果以外にも油をはじいてくれる撥油効果もあるため、食事中にこぼしてしまったなんて事態でも、汚れずに済むというメリットがあります。

また、防水スプレーをかけることによって、靴の繊維がコーティングされます。
そのため水や油だけでなく、ほこりや砂ぼこりなどもすにかーにつきにくくなるというメリットがあります。

スニーカーが長持ちする

上で紹介したメリット・効果に通ずるところがありますが、お気に入りのスニーカーの寿命を長くすることができます。

おしゃれなスニーカーですと、アッパーの素材の一部にスエード調の本革を使用していることがあります。
本革の素材というのは、水に濡れるのを非常に嫌います。水に濡れてしまうと革がダメージを受けてしまうのでそこからぼろぼろになってしまいます。
そこで防水スプレーをかけておくことで寿命を延ばすことができます。

また、スニーカーの汚れがひどくなってきてスニーカーがぼろぼろになってしまって履けなくなることも多いですよね。
そんなときも、防水スプレーを事前にかけておけば、汚れにくくなるので綺麗な状態を保って長く履くことができます。

スニーカー用の防水スプレーの選び方

あまり一般の方には知られていませんが、防水スプレーには実は種類が2つあります。

シリコン系とフッ素系の2種類です。

シリコン系の防水スプレーは、表面に樹脂の膜を形成するような感じで防水をします。
樹脂の膜が靴の繊維を埋めるような状態になってしまうため、水だけでなく空気も通りにくくなってしまいます。
つまり透湿性がなくなってしまうため、スニーカーが蒸れやすくなってしまうというデメリットがあります。また、革素材には使うことができません。

そのため、スニーカーの防水スプレーとしてはシリコン系のものは使用できません。

つづいて、フッ素系の防水スプレーです。
フッ素系の防水スプレーは、シリコン系と違って、非常に細かいフッ素が靴の繊維の1本1本をコーティングするようにして防水します。
そのため、通気性を保ったまま防水効果を得ることができます。
本革の素材にも使用することができます。

また、シリコン系の防水スプレーに比べて防水効果が非常に高いのが特徴です。

そのため、スニーカーの防水スプレーとしてはフッ素系のものを選ぶのがおすすめです。
靴用の防水スプレーとして売られているものはフッ素系のものですので、良く分からない方は靴用の防水スプレーを買っておけば間違いないです。

防水スプレーのおすすめは後ほど紹介していきたいと思います。

 

スニーカーでの防水スプレーの使い方

続いてはスニーカーにかけるときの防水スプレーの使い方を紹介していきたいと思います。

防水スプレーを使うための手順は下記のとおりです。

  1. 馬毛ブラシでゴミや汚れを払う
  2. クリーナーで掃除する
  3. 乾いた布で拭いて、一度乾燥させる
  4. 防水スプレーをかける

順を追って説明していきたいと思います。

まず、馬毛ブラシでスニーカーを丁寧にブラッシングしていきます。
ちょっと強めにブラッシングをかけて、この段階で極力スニーカーの汚れやごみを取り除いておきます。

次に、スニーカー用のクリーナーで洗います。
汚れたままだと防水スプレーの効果を存分に発揮できないので、ここでしっかりと綺麗にしてから防水スプレーを使うのがおすすめです。

 

靴用のクリーナーについては下記の記事で詳しく紹介しているのでよかったら読んでみてください。
綺麗に落ちる、靴の汚れ落としにおすすめの靴用クリーナー5選

そしてクリーナーを使った後はしっかりと陰干しをして乾燥させます。
スニーカーがしっかり乾いたら肝心の防水スプレーをかけていきます。

防水スプレーをかけるときはまず、屋外に出るか、窓を開けたりや換気扇をつけたりして喚起を十分にしてください。防水スプレーは人体に有害な物質も含まれているため、極力吸い込まないように注意してください。

そして防水スプレーをスニーカーから20㎝程度離して全体にかけていきます。
ポイントとしてはムラが出ないように全体にまんべんなくかけていきます。
全体がしっとり濡れるぐらいにかけてあげればオッケーです。

この時、離さずにすぐ近くでスプレーをしたり、びちょびちょになるまでスプレーをかけたりしてしまうと、シミになったり変色したりしてしまう恐れがあります。

そのためムラができないように適量をかけるようにしてください。

そして最後にまた陰干しをして乾いたら履くことができます。

防水スプレーを使うタイミングと頻度

防水スプレーを使うときはタイミングと頻度も重要です。

まず、スニーカーを買ってすぐ最初に履く前にスプレーをしてください。
まだ汚れていない状態で使うことで最大限に効果を発揮できるとともに新品の状態から汚れてしまうのを防いでくれる効果があるためです。

防水スプレーを使う頻度は1か月に一回ぐらいがベストです。
かけすぎてしまうと生地が傷んでしまうのであまりかけすぎもよくありません。
防水効果をより強く発揮させたいときは、一度かけた後にしっかり乾かしてから2回目をかけると防水性能がアップします。

フッ素系の防水スプレーはとくに、一回かけた程度だと全部の繊維がコーティングできるわけではないので、防水性能が不十分です。なので買って最初に防水スプレーをするときは2回重ね掛けをしてあげるとより効果を発揮してくれるのでおすすめです。

防水スプレーをかけるタイミングとしては防水効果を一番発揮したいとき、次の日雨でぬれるかもしれないなとわかっているときは、その前日にスプレーをしておくのが一番効果的です。

また防水スプレーは一度雨に濡れてしまうと効果が薄れてしまいます。そのため、雨に濡れた後はしっかりと乾かして、また防水スプレーをかけておくのがおすすめです。

スニーカーにおすすめの最強防水スプレー3選

クレップ プロテクト  防水スプレー 

一番おすすめしたいのがこちらのクレップの防水スプレーです。
人気のテレビ番組アメトーーク!でも紹介されたおすすめの防水スプレーです。

防水性能はピカイチで、しっかりと水をはじ入れくれるだけでなく、ケチャップをかけたりしても汚れない防油性能も持ち合わせている素晴らしい防水スプレーです。

フッ素系の防水スプレーなので靴などの革素材を痛めることなく使うことができます。
スニーカーの通気性を損なうこともありません。

[コロンブス] AMEDAS アメダス防水スプレー

こちらはコロンブスのアメダスという防水スプレーです。
アメダスは大手の靴販売店にもよく並んでいるので、一度目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

こちらもクレップの防水スプレーと同程度の性能を有していてとてもおすすめの防水スプレーです。

KIWI(キィウィ) 防水・防汚スプレー

最後に紹介するのがKIWIの防水スプレーです。

こちらは、クレップやアメダスの防水スプレーに比べると性能はやや劣るものの、コストパフォーマンスがよくて安いのが特徴の防水スプレーです。

安いですが、しっかりとしたフッ素系の靴用の防水スプレーです。そのため、革素材やスニーカーなどにも安心して使うことのできるおすすめの防水スプレーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました