靴のサイズが大きくて合わない時の応急処置とおすすめのサイズ調整グッズ!

スポンサーリンク

ネットとかでサイズ合わせをしないで靴を買ってしまったけど、届いてみたら大きかった···

どうしても欲しい靴があるけど、一回り大きいサイズしかなくて、つい買ってしまったはいいけど、ブカブカ···

できることなら返品して新しく購入したいところですが、1度履いてしまったら返品は難しいです。

そんなあなたに、靴のサイズが大きくてあわない時の応急処置や対処方法、おすすめのサイズ調整グッズを紹介していきたいと思います。

靴のサイズが合わないと起きるトラブル

靴が合わないままではいているのは、非常に危険です。

靴が合わないときはサイズ調整グッズを入れてから履くことがオススメです。

サイズ調整をしないとトラブルに見舞われる可能性があります。

サイズが合わない靴を履いていると起こる1番多いトラブルが靴擦れです。

靴擦れは、サイズが小さい靴を履いていると置きやすいトラブルですが、大きい靴を履いていても起きるトラブルです。

たかが靴擦れと侮ってはいけません。痛いのをほうっておいて、サイズの合わない靴を履いているとさらに靴擦れが悪化して、最終的には痛くて靴がなけなくなってしまいます。

 

おすすめの靴のサイズ調節グッズ

靴のサイズが大きくて合わない時は、靴のサイズ調整グッズを買うのがオススメです。

インソール

靴のサイズが合わない時に、まず使って欲しいのがインソールです。

インソールは中敷のことで、靴の中にクッションみたいな感じで入れるものです。
インソールを入れると少しだけサイズが大きくてもピッタリになります。

また、インソールを入れた方がクッションとなって長時間歩いても疲れにくくて歩きやすくなります。

 

つま先、指先クッション

2つ目の方法は、つま先・指先にクッションを入れると言う方法です。
こちらは、結構サイズが合わない時でも使えます。1cmくらいなら全然平気ですね。

クッションも低反発素材出できているので、履き心地も違和感がなくて、ちょっと指先が気持ちいいくらいです。

履いてるとクッションも馴染んでくるので、よりフィットして靴擦れを防いでくれます。

靴ズレ防止かかとパッド

つま先に入れるクッションのかかとバージョンです。
かかとは靴を履いた時に靴擦れで一番痛くなりやすい場所ですので、かかとにクッションを入れるのは非常に効果的です。

粘着シートをはがしてかかとの上部に貼るようになっています。
パンプスなどのサイズが合わないでパカパカしてしまうような靴にはとてもおすすめです。

靴ズレ防止だけではなく、分厚いプニプニのクッションが、体重を支えることによる踵への圧力を分散するおかげで、負担から来る疲れや痛み、むくみを軽減してくれる効果もある優れものです。

靴のサイズが合わない時の応急処置

履いてたら靴ずれを起こしてしまった、でも急なことだと手元にサイズ調整グッズなんかないですよね。そこでいつでもできる応急処置を紹介したいと思います。

まず一つ目の手段は、厚手の靴下を履くことです。靴下を2重に履くのも結構効果あります。実に単純な方法ですが、ちょっとくらいのサイズのずれなら、ぴったり履くことができるのでおすすめの方法です。

二つ目はティッシュを詰める方法です。

クッションの代わりとしてつま先にティッシュを詰めるといいです。ティッシュを詰めるだけでもカパカパしなくなるので結構効果的です。

これらの方法はあくまでその場しのぎの応急処置なので、後日ちゃんと靴擦れ防止グッズを購入するのがおすすめです。

 

靴屋さんで本格的なサイズ調整を

サイズが合わなかった時の一番ベストな対処方法は靴の修理などを専門としている靴屋さんで、靴のサイズ調整をしてもらうことです。

一応靴を大きくすることも可能です。

靴のサイズをアップするときは、靴を専用の機械に1週間ほど入れて、強制的に革を伸ばしていきます。一週間かけてじっくり伸ばしていくので、革へのダメージは最小限にすることができます。

サイズダウンするときはインソールの下に特殊なスポンジを入れて調節します。
インソールの下に入れて調整するので見た目にはほとんど変化がないのもうれしいですね。

靴専科などであれば配送して、サイズ調整を行ってくれるので近くに店舗がなくても利用できます。

ぜひ利用してみてください。

靴のサイズが小さい時は返品するのがおすすめ!

靴のサイズが大きいときはいろいろと対処方法があるのですが、靴のサイズが小さかったときは結構絶望的ですね。

サイズが合わないときはおとなしく返品するのがおすすめです。

ただ、革靴などですと、履いているうちに革が柔らかくなって少し伸びてきたりするので、意外とぴったりになることもあります。ほんの少し窮屈な気もするくらいのレベルであれば、履いてるうちに馴染んできてちょうどよくなるかもしれません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました