触っちゃダメ!海水浴や磯遊びの時に気をつけたい海の危険生物

触っちゃダメ!海水浴や磯遊びの時に気をつけたい海の危険生物

これからの暑い時期、海水浴や磯遊び、潮干狩りなどに行かれる方も多いと思います。

海には皆さんの知らない危険生物がたくさんいます。
知らず知らずのうちに触ってしまって病院に…

なんて事態になってしまうことも少なくありません。

楽しく海で遊ぶためにも絶対に触ったり近づいたりしちゃいけない注意しておきたい海の危険生物を紹介します。

 

抜けない毒刺をもつアカエイ

アカエイ 危険生物 毒

日本の近海に広く生息しているアカエイです。

主に砂泥底を住みかとしており小魚や貝類などを捕食しています。
河口域などの淡水の影響の強い環境にも出現します。

尾の付け根の部分に返しのある毒の刺を持っています。
長靴なども貫通してしまう非常に強い刺で、返しがあるため刺さってしまうと簡単には抜けません。

毒性も強く、刺さされると激しい痛みもともない、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こしてなくなることもあります。

誤って踏みつけると刺してアカエイから毒刺を刺そうとしてきます。
アカエイが居そうな干潟、砂泥底を歩く際はできるだけすり足で歩くのがポイントです。

 

アカエイに刺された時の応急処置

万が一刺されてしまった場合はまず毒を絞り、患部を水で洗い流しましょう。
アカエイの毒はタンパク質からできているため熱に弱いです。

やけどしない程度のお湯(45度程度)に患部を浸してください。

決してそのままにはせず、すぐに病院に行きましょう。

 

打ちあがってても危険なカツオノエボシ

海の危険生物 カツオノエボシ

 

カツオノエボシはクラゲの仲間です。

袋状の部分には空気が入っていて、普段は海面を漂っています。
触手だけが水中に入っていて、触手の長さは数メートルになります。

触手はとても強い毒を持っていて、刺されると最悪の場合なくなることもあります。
普段は沖合にいるため見かけることはありませんが、台風などで海が荒れた次の日は、沿岸に流されて、打ちあがっていることもよくあります。

打ちあがった個体も、まだ毒を持っているため決して触ってはいけません。
プルプルして青くて目立つのでつい触りたくなってしまいますが…

カツオノエボシに刺された時の応急処置

カツオノエボシは非常に強毒ですので刺されたらすぐに救急車を呼ぶことをお勧めします。

クラゲ類に刺された時は、クラゲの種類によって応急処置の仕方が変わってきますので、何に刺されたかよくわからない場合は、下手な処置をせずに医療機関を受診してください。

カツオノエボシは、ほかのクラゲと違い、酢や水などにも反応して刺胞を発射します。そのため酢や水をかけるのは逆効果です。

刺された際はまず、厚手の手袋などで触手を取り除いてください。
洗い流す際は必ず海水で洗い流してください。

そのあとは医療機関で適切な処置をしていただきましょう。

 

シロガヤ、海藻みたいに見えるけど…

シロガヤ 危険生物

枝に対して羽状に細い枝が伸びていて、一見海藻か何かに見えるのが、シロガヤです。

シロガヤは海藻ではなく、ヒドロ虫の仲間、つまりはクラゲに近い仲間になります。
そのため毒を持っていて、誤って触るとひどく痛みます。

よく見かけるミズクラゲなどに比べると強い毒を持っています。
写真のような生物を見かけたら触らないようにしたほうが無難です。

 

噛まれたら危険ウツボ

ウツボ 危険生物

磯などに生息しているウツボです。
こちらは皆さんもご存知かもしれませんが非常に凶暴な魚です。

毒こそは持っていないものの非常に鋭い歯を持っていて、噛まれるとスパッと切れてしまうので見かけても決して近づかないように気を付けましょう。

 

ド派手な毒タコ、ヒョウモンダコ

ヒョウモンダコというタコの仲間です。
南方系の種類で熱帯から亜熱帯に生息していますが、近年温暖化の影響で本州近海でも頻繁に目撃されるようになっています。

色彩は派手でいかにも警戒色といった感じの色をしています。

ヒョウモンダコはフグと同じテトロドトキシンという毒を持っています。
フグの数百倍の毒を持っているといわれています。

身の危険を感じるとこの毒を吐き出したり、噛みついて毒を注入してきます。

最悪の場合テトロドトキシン中毒で亡くなってしまう可能性もあるので決して近づかないようにしましょう。

 

ヒョウモンダコに噛まれた時の応急処置

毒を絞り出し、患部を流水で洗ってください。

ヒョウモンダコの毒は麻痺毒なので早急な対処が必要です。
刺されたらすぐに病院に向かいましょう。

 

 

毒を持つ魚、ハオコゼ

ハオコゼ 毒 危険生物

ハオコゼはカサゴ目オコゼ科に属する海水魚です。

見た目は可愛くて小さな魚ですが、背びれの刺には毒を持っています。
オコゼ類はみんな、背びれの刺に毒を持っていて、中でも一番よく目にするのがこのハオコゼです。
釣りの外道としてもよく釣れるので、、見かける機会は非常に多い魚です。

比較的おとなしい魚ですが、近づくと刺されます。

毒はそれほど強くないものの刺されるとひどく痛みますので、十分注意しましょう。

 

ハオコゼに刺された時の応急処置

ハオコゼに刺された際は、まず毒を絞り出し患部を流水で洗い流します。

ハオコゼの毒は、タンパク質でできています。
タンパク質は熱に弱いため、やけどしない程度のお湯(45度程度)に患部を浸してください。

痛みがひどいもしくは長く続くようでしたら、医療機関を受診してください。

 

ゴンズイ

ゴンズイ 毒 危険生物

ゴンズイはナマズの仲間の海水魚です。

背びれと胸びれの刺に毒を持っています。
これに刺されると激痛に襲われます。

この毒は簡単に失われないため、打ち上げられたゴンズイを誤って踏んでしまって刺されれることもあります。

ゴンズイに刺された時の応急処置

まず刺さってしまった刺を抜き取ります。
次傷口から毒を絞り出し、傷口を流水で洗い流します。

やけどしない程度のお湯(45℃程度)に傷口を浸けます。
そして必ず、医療機関を受診しましょう。

 

長い刺に毒があるウニ、ガンガゼ

ガンガゼ 毒 危険生物

ガンガゼは長い刺を持っているウニの仲間です。
この長い刺には毒があるので決して触ってはいけません。

じつはこの長い刺が厄介で非常に細いため、ポキポキと簡単に折れてしまいます。
そのため刺さってしまったあと、取り除こうとしても折れてしまうので取り除くのが難しいのです。

 

ガンガゼに刺された時の応急処置

ガンガゼに刺された時はまず、刺を取り除きます。
そして流水で洗い流してください。

刺が中に残ってしまうことも多いので、医療機関を受診することをお勧めします。

 

アンドンクラゲ

アンドンクラゲ 毒 危険生物

クラゲの仲間は、皆毒を持っていて危険ですが、中でも要注意なのがアンドンクラゲです。
小さくて透明なので存在がわかりづらいです。

ほとんどの場合大事には至らないですが、毒は非常につよく激しい痛みを伴います。

 

アンドンクラゲに刺された時の応急処置

アンドンクラゲに刺された時は患部にお酢をかけるのが効果的です。
お酢をかけることで刺胞の発射を抑制する効果があります。

ただしクラゲの種類によってはお酢をかけることでさらに刺胞を発射してくる種類もいるため、何に刺されたかわからない場合は、応急処置をせずに医療機関を受診してください。

 

海の危険生物から身を守るために

海の危険生物から身を守るためには、

  • 海水浴や磯遊びに行く前に、どんな危険生物がいるか把握しておく
  • 危険生物に襲われた際には適切な処置をする、何に刺されたかわからない場合は安易に処置をせず、医療機関を受診する
  • 刺されないように予防をする

これらのことを意識することが大切です。

最後の予防に関しては、知らない生物は触らないこと、アカエイなどが居そうな環境ではすり足で移動することなどがあります。

 

クラゲに刺されないための予防ローション

また、クラゲに刺されるのを防止するためにクラゲローションという物が売られていますので、購入することをお勧めします。

 

こちらのクラゲ予防ローションは日焼け止め効果もあるので、普段使っている日焼け止めのかわりに海に行く際はこちらを使うとよいでしょう。

 

海に行く際には、危険生物とその対処方法は十分に抑えておいてください。

海の危険生物には十分注意して、海水浴や磯遊びを楽しんで来てください。

 

 

生物カテゴリの最新記事