本当に面白いおすすめの感動青春スポーツ漫画ランキング

本当に面白いおすすめの感動青春スポーツ漫画ランキング

スポーツ漫画・スポコン漫画は、熱くて面白く、時には感動で泣けて本当に面白いですよね。

そんなスポーツ漫画好きの私が、感動するおすすめの青春スポーツ漫画をランキング形式で紹介していきたいと思います。

どの作品もアツくて泣ける作品となっていますので、ぜひ読んでください!

 

おおきく振りかぶって

ひぐちアサさん作の野球漫画です。
この野球漫画はとことん頭脳で勝負します。

登場人物の心情描写が多いため、漫画にしては文字も多くて読み応えのある作品です。

それもひと試合のスコアボードが付けらるレベルです。
これほどこだわっている野球漫画はほかに知りません。

主人公の三橋は中学の時に「ヒイキでエースをやらせてもらっている」と疎まれ続け野球をやっていました。そんな嫌な思いを払しょくするために、県外の高校に進学しそこで野球部に入ります。
そこでも、エースを任されてしまいますが、過去の嫌な思いが頭をよぎります。

三橋は果たして本当のエースとなることができるのでしょうか。
特に最初の1巻はとても感動してめちゃめちゃ泣けます。

キャラクターも魅力的でチームメイトはみんないい奴で…
ほんとに爽やかで心地よい気分にさせてくれます。
私も物語の中に入りたくなっちゃうそんな素敵な作品です。

是非とも読んでほしい一番おすすめのスポーツ漫画です。

 

 

ハイキュー!!

全国大会で活躍する烏野高校のエース「小さいな巨人
それをテレビ中継で見た主人公の日向は、憧れて小さい体ながらもバレーを始めることを決意します。
中学では弱小バレー部に所属にしていて、試合ではメンバーが足らず、他の部活から友達を呼んで組んだ寄せ集めのチームでした。
そこで挑んだ最後の試合は、全国屈指のセッター影山を擁する北川第一中に惨敗という結果でした。

打倒影山を目標に烏野高校のバレー部に入部しますが、そこには何故か因縁の相手影山が…
かつては強豪だった烏野高校も落ちた古豪、飛べないカラスと揶揄されていました。

影山をはじめとするチームメイトと切磋琢磨しながら、全国大会出場に向けて奮闘するバレー漫画です。

とにかく感動で泣けるシーンが多いです。キャラクターもみんな魅力的です。
女子にも人気があり、みんなが楽しめるおすすめのスポーツ漫画です。

 

 

スラムダンク

不良少年だった桜木花道は、抜群の運動神経と188㎝という恵まれた体格をかわれ、晴子さんにバスケ部に誘われます。
晴子さんに一目惚れしてしまった花道は、晴子さんに好かれたいがために初心者ながら必死にバスケを頑張ります。

同級生でライバルの流川といがみ合ったりしながら、徐々に上手くなっていく姿が素敵です。

言わずと知れた、超有名なバスケ漫画ですが、ほんとに面白い名作です。
「諦めたらそこで試合終了ですよ」や「バスケがしたいです」をはじめとする誰もが知っているような名言も多くて読んでてほんとに感動します

最初は不良漫画っぽくて喧嘩シーンも多いです。
ですが徐々に本気でバスケに向き合うようになる花道の姿がかっこいいです。

花道も最初はほんとにバスケが下手ですが、地道に努力してる姿もしっかり描かれています。
とてもリアルな描写をしているスポーツ漫画です。

最後の試合となる山王戦は本当にアツいです!
特にラストの流川とのやり取りを見たら涙すること間違いなしです。

 

 

弱虫ペダル

アニメ化を気に一気に人気となった作品です。

主人公の小野田はアニメやゲームが好きな生粋のオタク少年でした。
電車賃を全部グッズにつぎ込むために千葉から秋葉までの片道45キロをママチャリで通うオタクっぷりです。

ひょんなことから自転車競技部に入ることになり、ロードレースを初めるようになります。
初めてすぐにそのとてつもない才能を開花し、クライマーとしてインターハイに臨みます。

この漫画は魅力的で個性が強すぎるキャラクターが多いです。
主人公もその一人で明らかにチートです、強すぎます(笑)
御堂筋クンというキチガイキャラも出てきます。

ストーリーがワンパターンだと批評されることもありますが、それをキャラ個性と圧倒的アツさでカバーしてます。
インターハイ編からめちゃくちゃ面白くなるので、そこまでは是非読んでから評価して欲しい作品です。

あなたもきっと推しキャラが見つかるはず。
私は石垣クンと荒北さん推しです!

 

 

ピンポン

ペコとスマイルというダブル主人公で物語が展開されていく、卓球漫画です。
卓球を題材としていますが、試合のシーンは比較的少なめでどちらかというと、人間関係を主軸に置いたストーリーです。

ペコは強いが自分の才能にうぬぼれているところがあり、スマイルも強いけど、本気で戦おうとしない。

ちょっと癖のある二人がお互い影響しあって成長していく姿が素敵です。

ほかにもチャイナやドラゴン、アクマなど、個性の強い登場人物が出てきます。
それぞれが様々な思いを抱えて卓球をしていく姿がとても丁寧に描かれている作品です。

ちょっと絵が独特ですが、これがまた嵌ります。
絵で敬遠している人もとりあえず騙されたと思って一巻だけでも読んでみてほしい作品です。

 

 

ダイヤのA

主人公の沢村栄純が、野球の名門校で甲子園に出場し、エースを目指し成長していく姿を描いた野球漫画です。

この漫画は主人公がほんとに主人公らしくて魅力的です。

沢村は無名の弱小野球部のピッチャーでしたが、名門青道高校の目に留まりスカウトを受けて青道に入学します。
独特のフォームが理由でスカウトを受けますが、すべてにおいて平均以上の能力を持っていますが、別段とがった能力もありません。
ですが、驚異的な勝負強さを持っているのが沢村の強さです。
メンタルで戦っていくところがこの主人公そしてこの作品の面白さを引き立てているところです。

先輩の投手陣もいて、同期には剛速球を投げる名投手降谷もいて、校内でも決して強い選手ではありません。でもひたむきに頑張る姿がほんとにかっこいい主人公です。

そして、沢村がマウンドに入る際に必ず言うセリフ
 「ガンガン打たせていくんでバックの皆さんよろしくお願いします」
ほんとに魅力的なキャラクターです。

ダイヤのAはまさに王道の野球漫画で、青春という言葉がぴったりの熱血系の野球漫画です。

 

 

ベイビーステップ

主人公のエーちゃんは運動不足を解消するために、近くのテニススクールに見学に行きます。
そこで偶然、クラスメイトの奈津に出会い、彼女がプロを目指していることを知ります。

エーちゃんは生真面目な性格から、教えてもらったことや選手の情報などをすべてノートに記録します。それが功を奏して驚くべきスピードで成長していきます。
次第にエーちゃんも本気でテニスに打ち込むようになります。

データを駆使して戦略で勝負するテニス漫画です。
時には感情的に攻めにいったりとアツいシーンも多いです。

また、結構恋愛要素も強くて、奈津の純愛も見逃せません。

打ち切りという形で完結してしまったのがちょっと残念ではありますが、面白くておすすめです。

 

 

ジャイアントキリング

こちらのサッカー漫画の主人公は、選手でなく監督なんです。

ジャイアントキリングとは、日本語で言うと、大物食いです。
つまりスポーツにおいては格下のチームが格上相手に勝つこと、下剋上をすることを意味します。

かつて人気チームだったが、今は毎年一部の残留争いを繰り広げる弱小チームETUを、復興するための秘密兵器として呼ばれたのが、主人公の達海監督です。

達海は、イギリスの地元アマチュアクラブをFAカップでなんとベスト32に導く快挙を成し遂げていました。

ですが、達海は、いい加減で数々の欠点を持つ適当な人間でした。
一風変わった練習メニューに反発も多く…
果たしてETUはジャイアントキリングを果たすことができるのだろうか。

こちらも戦略が魅力的な頭脳派のサッカー漫画です。
一癖も二癖もある主人公が面白い作品です。

 

 

グラゼニはちょっと古めの野球漫画です。

この野球漫画はスポコンとはちょっと違う変わった作品です。
タイトルは、「グラウンドの下にはゼニが埋まっている」これを略して、グラゼニ!

主人公の凡田はプロ8年目の年収1800万円のプロとしては決して一流とは言えない中継ぎ投手です。
街を歩いていても、気づいて声をかけてくれる人もまずいないです。
名前通りに見た目もちょっと冴えない感じのキャラクターです。

このままでは引退後は年収100万円台の生活に陥ってしまうと、恐怖を感じ長くプロとして生き残り、プロのうちにできるだけ稼ぐために奮闘するお話です。

年俸を気にしすぎるがゆえに、自分より年俸が低い打者にはめっぽう強いが、年俸が高い打者に対してはめっぽう弱いところが面白いです。

お金がサブテーマという少し変わった切り口が魅力です。

 

メジャー

NHKで全話アニメ化された、有名な野球漫画です。
おとさんがプロ野球選手であることをきっかけに、野球を始めた茂野吾郎の半生を描いた長編漫画です。

小学生でリトルを始めるところから、メジャーリーガーとして活躍するまでの長期間を描いているのがこの漫画の面白いところです。

そして、茂野五郎というこの主人公もほんとに魅力的です。
周りを巻き込む、引き込む感じの魅力を備えていて勝負強いキャラです。

王道の野球漫画が読みたい方におすすめの漫画です。

 

 

一瞬の風になれ

同名の小説の漫画化した作品です。
陸上競技の短距離走を題材にしたスポーツ漫画です。

サッカー選手としてうまくいかず、夢を失っていた新二と、中学の時に顧問とうまくいかず、全中2位になったのにも陸上部を辞めてしまっていた、連。
2人は幼馴染で、たまたま高校のスポーツテストの50m走で一緒に走ることになります。
足に自信のあった新二は、連に本気で走るようにと勝負を持ちかけます。
結果はもちろん新二の惨敗でしたが、連の圧倒的な速さに心を打たれ、連を誘って陸上部に入部するのでした。

新二が徐々に速くなってきて成長する姿が素敵です。
クライマックスの4×100mリレーはほんとに感動して鳥肌が立ちました。

マイナーな作品ではありますが、もっと評価されるべき作品だと思います。

 

 

灼熱カバディ

能京高校に通う主人公の宵越はサッカーのスタープレイヤーで、ファールをもらわないプレーを評して「不倒の宵越」として有名だった。
しかし、チームメイトと上手くいかずサッカーをやめてしまい、動画配信に明け暮れ、チームスポーツ自体を敬遠していた。

そんな中同級生の畦道にカバディに誘われ、副部長との勝負に負けたことからカバディ部に入部することになる。最初はカバディを馬鹿にしていたものの、徐々にカバディの魅力に取りつかれのめりこんでいく。

タイトルの灼熱にふさわしいアツいスポーツ漫画です。
私も最初はネタっぽい漫画なのかと思ってましたが、カバディに本気で打ち込む熱血系の漫画でした。

チームスポーツの面白さを前面に表現している作品です。

 

 

ちはやふる

千早は幼馴染の太一とともに競技カルタ部を結成します。
古典オタクの大江奏、小学生カルタ大会全国2位の肉まんくん、学年2位の学力の駒野勉を誘って、全国大会の優勝を目指し奮闘するカルタ漫画です。

カルタと言えど、競技カルタはめちゃめちゃ熱いです。
幼馴染でライバル新とのライバル対決がすごい見物です。

一応少女漫画枠ですが、スポコン要素満載のおすすめ漫画です。

 

フットボールネーション

「脚のきれいな選手求む!」という奇妙な選手募集広告を出す東京クルセイド。

そこに現れたのが天才的サッカーセンスを持つ沖千尋。
本気で天皇杯を取りにいく監督と沖の戦いが始まる!!

東京クルセイドは、他のチームで戦力外通告を受けたりサッカーセンスはあるのに問題児だったりと、一見寄せ集めのチームです。
そんな寄せ集めのチームが果たして天皇杯を取ることができるのでしょうか。

サッカーを歩き方や走り方から改革してチームを強く作り上げるという、頭脳系のサッカー漫画です。
この漫画もジャイアントキリングで格上を相手に頭脳とフィジカルで圧倒していくのが、面白いところです。

 

黒子のバスケ

部員数は百人を超える超強豪校である、帝光中学校バスケットボール部。
輝かしい歴史の中でも特に最強で10年に一人のレベルの天才が、五人集まり無敗を誇った世代は「キセキの世代」と呼ばれていた。しかしそこには試合記録もなく、誰も知らないにも関わらず、5人が一目置いていた、「幻の6人目」がいた…

その6人目が本作の主人公、黒子テツヤです。

黒子テツヤが高校に入って、かつてのチームメイトであるキセキの世代たちと戦い、全国優勝を目指すバスケ漫画です。

こちらはスラムダンクとは方向性が違い、リアルなバスケというよりは超人的な選手が出てくるバスケ漫画です。

どんな位置からもスリーポイントシュートを決めることができたり、フィールド上から気配を消すことができたりと、あり得ない技を持った選手がたくさん出てきます。

でも話は非常にスポコン要素が強いアツい面白い漫画です。

 

 

ONE OUTS

優勝に足りない何かを求めて、沖縄で自主トレに励むプロ野球の天才打者児島弘道。そこで彼は時速120kmそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男、渡久地東亜に出会う。
ワンナウトで勝負を挑んだ児島だったが、渡久地東亜にあっけなく敗れてしまうのであった。

ライアーゲームで知られる、甲斐谷 忍さんが書いた野球漫画です。
もちろん普通の野球漫画ではありません。
賭野球をやって無敗だった男が、プロ野球の世界に入っていくというお話です。

主人公が様々な策で、相手チームを手玉に取り翻弄していきます。
カイジの野球版みたいな作品で面白いです。

 

 

ALL OUT!!

ラグビーを題材にした熱血漫画です。

身長をコンプレックスに感じていた祇園は、ラグビー部の練習を見学してラグビー部に入部します。
そんな中ラグビー経験者で、長身で体格に恵まれている岩清水はラグビー部の入部にためらいます。

二人の友情を描いた、美しい本格ラグビー漫画です。
作者がラグビー経験者ということもあり、とても忠実に作られています。

身長が小さいながらも、タックルに魅せられて必死にラグビーに打ち込む祇園がかっこいいです。
ちょっと癖がありますが、友達思いで素敵な主人公です。

 

 

送球ボーイズ

インターハイの強豪校を倒した火鼠高校のハンドボール部に魅せられ、入部した佐倉凪だったが、全然試合に出してもらえずマネージャーとして使われる日々を送っていました。
そんな中一度見た人の動きを真似できちゃう才能を持った志熊栄都が転校してハンドボール部に入ってきます。しかし、練習の中で自分の弱点を知り、ハンドボールの奥深さに気づいていきます。
そしてて栄都は凪とともにさらにハンドボールに打ち込んでいきます。

凪と栄都というダブル主人公のハンドボール漫画です。

凄いリアルなハンドボール競技が描写されていて、絵にも迫力があって面白い作品です。

 

DAYS

いじめられっ子だったつくしは、高校入学前に同い年でサッカーの天才少年だった風間陣に出会い、フットサルの誘いを受けます。
初心者ながら必死にボールを追いかけ、ゴールを狙ううちに、サッカーの面白さにひかれていきます。
そこで陣と一緒に高校の名門サッカー部に入部し、成長していく姿を描いた作品です。

つくしが健気でかわいい作品です。
初心者ながらもメキメキと実力を上げて試合にも出場するようになってく姿に感動します。
また、天才でありながらも影で努力を怠らない陣もまた素敵です。

 

 

アイシールド21

泥門高校に通う小早川瀬那は半ば脅されるようにして、アメフト部に入ることになります。
俊足を買われランニングバックとして、徐々に成長していき、クリスマスボールを目指して奮闘するスポーツ漫画です。

泥門高校は総合力的には決して強くないものの、ひとつの能力においては特化した選手が多いチームです。
部長の蛭魔がその特化した部分を、持ち前の頭脳で活かしていきます。
超攻撃的で、実力が足らない分は奇策を使って戦っていきます。

頭脳プレーと瀬那のスピード感がすごいアツいプレーが魅力のアメフト漫画です。

 

テニスの王子様

通称テニプリと呼ばれるテニス漫画です。
アメリカ帰りの天才プレイヤーの越前リョーマがテニスの名門青学で全国優勝を目指すという話です。

超能力スポーツ漫画の走りとなる作品です。

最初は普通にテニスをやっていてアツいスポーツ漫画なのですが、最近ではガットを2本だけ張ったラケットを使ったり、同時に何個の玉でラリーができるかを競ったりともはやテニスではありません(笑)
テニヌと称されています。

普通にスポコン漫画として面白いですが、ネタ漫画としてもなかなか笑える面白さも秘めています。

 

 

都立あおい坂高校野球部

主人公のキタローは従妹の鈴緒と約束した、甲子園に連れていくという夢を果たすために少年野球時代の仲間とともに、鈴緒が監督を務める弱小野球部に進学する。

主人公たちが成長していくという描写があまりないのが寂しいところですが、熱血系の主人公でアツい野球漫画になっています。
テンポがよくてサクッと読めます。

とにかく従妹の鈴緒がかわいいです(笑)

 

 

 

漫画・アニメカテゴリの最新記事