東野圭吾の絶対に面白いおすすめ小説ランキング

東野圭吾の絶対に面白いおすすめ小説ランキング

こんにちは、かしぱんです。

今、日本で一番売れている小説家と言えば東野圭吾さんですよね。

東野圭吾さんはミステリーや推理小説の中に、心温まるような話を織り交ぜてくるのが魅力的な作家さんだと思います。

 

そんな東野圭吾さんですが、非常に作品が多いです。
2018年3月現在発売されている作品の数はなんと93作品!!

 

結構多いですよね。

そこで、私が東野圭吾さんのオススメ作品を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

8.麒麟の翼

阿部寛さん主演でドラマ化された加賀恭一郎シリーズの作品です。
本作も映画化されています。

日本橋の欄干にて、巡査がナイフで刺された男性がみつけた。
この事件の真相に加賀恭一郎が挑んでいきます。

よくあるミステリー小説なのですが、加賀のキャラクターの面白さと、どこかハートフルストーリーな展開が、よくあるミステリー小説をとても面白くしています。

 

 

7.流星の絆

何者かに両親の命を奪われた三兄妹は、流れ星に仇討ちを誓う。14年後、互いのことだけを信じ、世間を敵視しながら生きる彼らの前に、犯人を突き止める最初で最後の機会が訪れる。三人で完璧に仕掛けはずの復讐計画。その最大の誤算は、妹の恋心だった。涙があふれる衝撃の真相。

流星の絆は非常に東野圭吾さんらしい作品だと思います。

暗いミステリー小説の中で、人間の優しさを心の温かさが描かれた素敵な作品です。
復讐より、大切な妹の幸せを願った兄たちがかっこよかったです。

素晴らしい兄弟愛を描いた美しい作品です。

 

 

6.プラチナデータ

国民の遺伝子情報から犯人を特定するDNA捜査システム。その開発者の命が奪われた。神楽龍平はシステムを使って犯人を突き止めようとするが、コンピュータが示したのは何と彼の名前だった。革命的システムの裏に隠された陰謀とは?鍵を握るのは謎のプログラムと、もう一人の“彼”。果たして神楽は警察の包囲網をかわし、真相に辿り着けるのか。

二宮和也さんが主演で映画化もされている人気作品です。

主人公の神楽龍平が、DNA操作システムにより犯人と認定されてしまい、逃亡をするというハラハラドキドキのミステリー小説です。
神楽龍平の中のもう一人の”彼”がとてつもなくかっこいいです。

ラストシーンまで気が抜けない作品です。

 

 

5.白夜行

つねに悪のふきだまりを生きてきた男と、理知的な顔だちで男たちを惹きつけ、関わった人間を不幸にしてしまう女…。幼くして冥い運命の扉を叩いた男と女の軌跡を描く。

引用:「MARC」データベース

非常に重たく衝撃的な恋愛話です。

なんでか、ほんとにのめり込んで読んでしまった作品です。
それだけ臨場感がすごいのでしょう。

なかなかのボリュームですので時間と心の余裕があるときに読んでみてください。

 

 

4.時生

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。どうしようもない若者だった拓実は、「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

引用:BOOKデータベース

親子の絆を描いた名作です。

色々書きたいことはあるんですが、ネタバレに直結してしまうので…
命を授かるのは素敵なことだというのを再認識させられるような、そんな素敵な作品です。

 

 

 

3.ナミヤ雑貨店の奇蹟

夢をとるか、愛をとるか。現実をとるか、理想をとるか。人情をとるか、道理をとるか。家族をとるか、将来をとるか。野望をとるか、幸せをとるか。あらゆる悩みの相談に乗る、不思議な雑貨店。しかしその正体は…。物語が完結するとき、人知を超えた真実が明らかになる。

引用:BOOKデータベース

あらゆる願いをかなえる不思議な雑貨店。

人の思いというのは、時に時間を超越することがあるんです。
自分の行いで誰かを幸せにすることができたとき、一番幸せなのは自分なのかも…

涙が止まらなくなる、心温まるハートフルストーリーです。

 

 

2.手紙

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。

引用:文藝春秋

殺人を犯してしまい服役中の兄から毎月届く弟からの手紙。

弟が幸せをつかもうするたびに付きまとってくる犯罪者の弟という事実。
家族の絆とは、本当のやさしさとは何なのだろうか。

 

改めて考えさせられる作品です。

そして最後に弟が選択した結末に、めちゃくちゃ感動しました。

 

 

1.秘密

妻・直子と小学5年生の娘・藻奈美を乗せたバスが崖から転落。妻の葬儀の夜、意識を取り戻した娘の体に宿っていたのは、死んだはずの妻だった。その日から杉田家の切なく奇妙な“秘密”の生活が始まった。映画「秘密」の原作であり、98年度のベストミステリーとして話題をさらった長篇、ついに文庫化。

引用:文春文庫

東野圭吾さんの作品の中で圧倒的におすすめしたいのが「秘密」です。

バス事故により、娘の中に死んだはずの妻が宿ってしまうというミステリー小説。

死んだのは娘なのか、妻なのか…
複雑な夫婦生活が始まります。

 

色々なところに伏線が貼られていて、そして最後には大どんでん返しが待っています!!
読み終わったらすぐにページを戻りたくなること間違いなし!!

不朽の名作ですので、是非読んでください。

 

小説カテゴリの最新記事