Canon?Nikon?初心者のための一眼レフカメラのメーカーの選び方

Canon?Nikon?初心者のための一眼レフカメラのメーカーの選び方

こんにちは、かしぱんです。

初めて一眼レフを買おうと思った時って、まずどこのメーカーのカメラにしようか、めちゃくちゃ迷いますよね。
ズバリ言いますとCanonかNikonを選ぶのがおすすめです。

ですが、目的によってはその他のメーカーも選択肢のうちに入ってきます。
そこで、どのメーカーを選べばいいかをわかり易くまとめてみました。

 

 

一眼レフカメラのメーカー

一眼レフを発売しているメーカーは主に、

  • Canon
  • Nikon
  • SONY
  • PENTAX

この4つになります。

他にもいくつか会社はありますが、レンズの種類が少ないなどのマイナス点があるので、この中から選ぶのが無難です。

中でもCanonとNikonは圧倒的なシェア率で、世界的に見てもこの2社だけで7割と非常に人気が高いです。

それでは、これらのメーカーの長所や短所などを踏まえて選び方を紹介してきたいと思います。

 

 

初心者は困ったらCanonかNikonを選べ

まず最初に言っておきます。
どのメーカーがいいかなってちょっとでも迷っているなら、CanonかNikonを選ぶのが無難です。

一眼レフのレンズは、基本的には同じメーカーのカメラでのみ使用することが出来ます。

 

そのため、あまり人気がないメーカーを選んでしまうと、業績が低迷して新しい機種やレンズが出なくなってしまいます。

なので、迷ったらCanonかNikonを選ぶのが良いのです。

CanonとNikonはサードパーティーレンズの種類も豊富です。
サードパーティーレンズとは、シグマやタムロンといった、レンズのみを作っているメーカーが出しているメーカーになります。

 

CanonやNikon以外のメーカーですと、サードパーティーレンズが対応するマウントを作っていない場合が多いため、使えないケースが多いです。

 

 

CanonとNikonの違い

CanonとNikonはどちらも非常に優れたメーカーです。

ではどっちを選べばいいのでしょうか。

簡単に特徴をまとめるとCanonは人物や生物、スポーツなどを撮影するのに向いており、色は実際の色より色白できれいな感じに移ります。

一方、Nikonでは、風景などの撮影に向いており、色合いも実際の色に忠実です。

 

まあ、ぶっちゃけ好みです。
芸術的な写真が撮りたければCanonのほうがおすすめです。
また、純正レンズの価格は同じくらいのスペックで比較するとCanonのほうが安い傾向にあります。

私も両方使ったうえで、Canonユーザーになりました。

周りにCanonもしくはNikonユーザーがいればその人と同じレンズを使うのもいいと思います。
気になるレンズなどの貸し借りもできてレンズを買うのに参考にすることもできます、

 

この2社に関しては目立ったデメリットもないので、基本的にはどっちかを選択することをお勧めします。

【関連記事】初心者にオススメのキャノンのAPSーCサイズの一眼レフ5選

 

SONY

SONYのメリット

sonyというと一眼レフよりは、ミラーレス一眼に力を入れているメーカーです。
ですが近年は一眼レフに力を入れてきているため、SONYも比較的おすすめのメーカーです。

SONYの強みは動画に強いことです。
動画撮影時の手振れ補正やピント調整に優れており、動画をきれいにとることができます。

動画メインでカメラを使いたい人は、SONYを選択するのもアリです!

 

SONYのデメリット

サードパーティーでSONYのマウントに対応しているレンズが少ないことが一番のデメリットです。

サードパーティーレンズのほうが安くて性能のいい、つまりはコスパのいいレンズが多いのでサードパーティーレンズが少ない点は痛いです。

でも、これからSONYに対応したレンズも増えてくるそうです。
となると、目立ったデメリットはなくなってきますね。

 

ですが、画質や色合いといった点では、まだまだCanon、Nikonに軍配があります。
動画メインでなければ、SONYを選択するメリットはあまりないと思います。

 

PENTAX

PENTAXのメリット

ペンタックスの一番のメリットは、防塵防滴機能がついており、それでいて安価であるという所です。

アウトドアでバリバリ使っていきたい人に向いています。

サードパーティーレンズで対応しているものは少ないですが、純正のレンズがCanonやNikonに比べて安いです。

そのため、比較的高性能で安価に写真が撮れます。

 

PENTAXのデメリット

PENTAXのデメリットは、経営状態がよくないことです。
そろそろ一眼レフから手を引くのではないかという話もよく耳にします。

そうなると新しいカメラやレンズが開発されなくなってしまうので、長く続けようと思ったら、結局ほかのメーカーに乗り換えなくてはなりません。

よっぽどPENTAXに思い入れがなければ、やめておくのが無難だと思います。

 

まとめ

最初にも言いましたが、やっぱりカメラはCanonかNikonがおすすめです。

動画メインで撮影したいと思っている方はSONYもオススメになります。

 

カメラはお金がかかりますが、大変面白い趣味ですので、是非これを機に始めてみてください。

カメラカテゴリの最新記事