ビーチコーミングのやり方とおすすめスポット紹介、レアなお宝を探してみよう!

生物

海に行くと海水浴をするのが定番ですが、波打ち際でビーチコーミングをするのもとても面白いです。
時々思いもしないようなレアなお宝に出会うことができますよ。

私の趣味のひとつであるビーチコーミングの魅力とその初め方、おすすめスポットなどを紹介していきたいと思います。

あなたもぜひビーチコーミングを始めてみてください。

 

 

ビーチコーミングとは?

ビーチコーミングとは、海岸に打ち上げられた漂着物を、観察・収集することを言います。
本来の意味は売り物になる漂着物を拾い集めることです。

後で紹介しますが、実際高値が付くものもあるす。
ぜひ探してみてください。

また、漂着物を標本として保管したり、漂着物を使って工作をするのもオススメです。

近年様々な世代の人たちで人気となっている趣味です。

 

ビーチコーミングの持ち物や服装

ビーチコーミングに必要な持ち物

ビーチコーミングを始めるにあたってはビーニール袋だけあれば、充分です。
あとは汚れてもいい運動靴があればビーチコーミングを始めることができます。
とってもお手軽なんです。

とはいえ、あったら便利なものはたくさんあるので紹介していきたいと思います。

まずはタッパーです。

上のリンクのような蓋の締まる小さめのタッパーがおすすめです。
ビニール袋だけだと、硬いものや薄くて割れやすいものなどがすべてごちゃ混ぜになってしまいます。
そこで重宝するのがタッパーです。
割れやすい二枚貝や、傷つけたくないようなレアなお宝を発見した時はタッパーに入れておけば割れたり壊れたりすることなく家まで持って帰ることができます。

二つぐらいあると便利ですので、用意しておくとよいかと思います。

他にもガラスなどで手を切ってしまう恐れもあるため、軍手などの手を保護するものも必要となってきます。
打ちあがっている生物の中には毒を持っている種類もいるので、そのような生き物を誤って触ったりしないようにするためにも手は保護しておいたほうがいいです。

おすすめは、ダイビンググローブです。

ダイビンググローブは記事が結構厚めなので、けがをしっかり防止してくれます。
また、水が入りにくいようにできているのでちょっと水がかかったぐらいですと、手の仲間では濡れません。また完全に濡れてしまっても、ダイビング用ということもあり水はけがよくて快適に使うことができます。

ビーチコーミングにおすすめの靴・服装

ビーチコーミングの格好で重要となってくる靴です。

靴は防水のものの方がおすすめです。歩きやすい長靴でもOKです。
個人的には長靴だとどうしても疲れてしまうので、防水のスニーカーかトレッキングシューズがおすすめです。
トレッキングシューズは長い距離を歩いても疲れにくいようにできているので、歩き回るビーチコーミングにもおすすめです。つくりも丈夫なので、長く愛用することができます。

ビーチコーミングの本シーズンは冬になります。
そのため、防寒対策も重要になってきます。冬場の海岸は風が冷たいうえに強く吹き付けてくるので、内陸より体感温度がとても寒く感じます。

ダウンジャケットなどが必須です。

 

ビーチコーミングにおすすめのスポット選び

ビーチコーミングで重要になってくるのは、場所選びです。

浜に行っても、何も落ちてないような場所も沢山あります。
なので、闇雲に行けば良いって訳じゃありません。

 

ポイントは波あたりが比較的おだやかで、近くに磯場があるような砂浜です。

漂着物が多い場所は貝殻やシーグラスがたくさん落ちていて、少ない場所にはほとんどありません。
中には辺り一面貝殻みたいな浜もあります。

ですが、意外と貝殻がまばらにあるぐらいの砂浜のほうが、新しい貝殻を見つけやすく、ビーチコーミングしやすくておすすめです。

 

ビーチコーミングにおすすめの時期は冬場と台風の後!

ビーチコーミングにおすすめの時期は9月と12~3月です。
9月がおすすめなのは夏の日差しも和らいできて、ビーチコーミングしやすくなるというのと、台風が来るのが理由です。

台風が来ると海が荒れて、新しい漂着物がたくさん打ちあがってきます。
中には深海に生息する貝の殻などの珍しいものも見つけることができます。

冬場も同様に海が荒れることが多いので、おすすめです。

ですが、海が荒れているうちは非常に危険です。くれぐれも高波には注意してください。
台風が去って、海が落ち着いたころに拾いに行きましょう。

また、貝殻をメインで拾うなら絶対冬場がオススメです。タカラガイを初めとする綺麗な貝は暖かい海に生息しています。

そのため冬場になると海水温の低下に耐えきれずに死んでしまう個体が多いです。
なので、冬場になるとタカラガイの類は大変多く打ち上がってきます。

この傾向は特に本州で顕著ですね。
沖縄だと冬場でもあまり寒くないので、そこまで冬場にタカラガイが多く打ちあがる印象はありませんね。

夏場と冬場では、落ちてる貝の数が全然違うので、ぜひ冬を狙って拾いに行ってみてください。

 

ビーチコーミングのおすすめスポット

波あたりが弱くて磯場が近くにある場所といっても土地勘がないと実際わからないと思います。
とくに遠方から来たのに全く拾えないのでは、困りますよね。

そこで地域ごとのおすすめのビーチコーミングスポットを紹介していきたいと思います。

千葉のおすすめビーチコーミングスポット

千葉県でビーチコーミングをするなら館山がおすすめ

館山市は南房総のそのまた南端にある市です。

館山はサンゴの北限としても知られていて、とても海が綺麗で自然の豊かなところです。
ビーチコーミングで人気のタカラガイやシーグラスなどをたくさん拾えるスポットがあって非常におすすめです。

また、高速バスが東京駅から出ているため、都内からの交通の便も結構いいです。高速バスは東京駅ー館山駅間をつないでいて、片道2時間弱でつきます。しかも基本的には30分に1本の間隔で出ているので時間をあまり気にせず利用することができます。
館山は都内からのアクセスもよくおすすめのビーチコーミングスポットです。

その中でも有名なのは沖ノ島という場所です。
陸続きの島で、車で行くことが出来ます。

周囲1キロメートルほどの小さな島ですが、サンゴも生息していて自然の豊かな海が広がっている場所です。

ここは、テレビなどでも度々取り上げられ、夏場は海水浴客なども多い場所です。
ビーチコーミングしている人も沢山いるのですが、それ以上に漂着物も多いです。
掘っても掘っても貝殻ばっかりって所もあります。
シーグラスもたくさん落ちていています。

沖ノ島以外にも館山市周辺は非常に漂着物が多い浜があります。
沢山落ちているのに全然人が居ない穴場もあるので、ぜひいろいろな場所を訪れてみてください。

千葉県のおすすめのビーチコーミングスポットは下記のページで詳しく紹介しているのでよかったら読んでみてください。

千葉・館山の貝殻やシーグラス拾いにおすすめビーチコーミングスポット
千葉県で貝殻やシーグラスなどが拾える、おすすめのビーチコーミングスポットを紹介していきたいと思います。 千葉県でビーチコーミングをするなら館山がおすすめ! 千葉県は海で囲まれている半島のため、海岸は沢山あります。 ですが、ビーチコーミ...

 

神奈川のおすすめビーチコーミングスポット

神奈川県の三浦半島です。
千葉県と比べると、こちらのほうが都心から近くてアクセスしやすいです。

こちらも漂着物が多くて、なかなか魅力的なものが拾えるのでお勧めの場所です。

中でも城ケ島がおすすめです。
城ヶ島は三浦半島の先端に位置している島です。

ここでは、タカラガイやシーグラス以外にも、ウミウサギの仲間を拾うことができます。
ウミウサギはタカラガイに近い仲間で、とてもかわいらしい貝ですので、是非探してみてください。

静岡のビーチコーミングおすすめスポット

静岡のビーチコーミングおすすめスポットは伊豆と御前崎、浜松です。

伊豆は少し砂利浜であまり貝などの生物を拾うのは難しいですが、流木やシーグラスを拾うには最適です。

御前崎では磯場の脇の砂浜で拾うことができます。
狭いのと拾いに来る人が多いので、台風のあとがおすすめです。

浜松は浜名湖周辺がオススメです。
淡水の影響が強いので、あまり見ないような貝殻も拾えて楽しいです。

静岡の貝殻やシーグラス拾いにおすすめビーチコーミングスポット
静岡で、貝殻やシーグラスの拾えるおすすめのビーチコーミングスポットを紹介します。 伊豆のおすすめビーチコーミングスポット シーグラスを拾うなら河津浜  まず一番最初に紹介するのは伊豆の河津浜です。 河津浜は、加茂郡河津町にあります。...

ビーチコーミングで拾える、レアなお宝

ビーチコーミングで拾えるものは実にたくさんあります。
今回はその一部を紹介していきたいと思います。

ビーチコーミングで拾えるレアな貝殻

貝殻はビーチコーミングでは、一番人気のある漂着物です。

実にたくさん種類があるので、たくさん集めてみると面白いです。
頑張れば数百種類の貝を集めることができます!

名前まで調べれば、もっとたくさん集めてみたくなりますよ!!
名前を調べるには図鑑が必須アイテムです。
おすすめの貝図鑑は下記の記事で紹介しているので良かったら買ってみてください。

おすすめの貝殻・貝類図鑑7選ービーチコーミングや磯遊びに最適
磯遊びや潮干狩り、そしてビーチコーミングなど海で遊ぶ時に、貝もしくは貝殻を拾ったりしますよね。 そんな時に貝の名前がわかった方が面白いです! そこで必要なのが貝殻・貝類の図鑑です! 貝の図鑑はたくさんの種類があるので、皆さんのレベルや...

 

おすすめはタカラガイの仲間です。タカラガイはビーチコーマーたちの間では一番人気のある種類の貝殻です。
種類もたくさんいて、宝という名前がつくだけあって非常にきれいな貝です。頑張れば、30種類ほど集めることができるかも。

ちゃんと拾った場所と日時を記録しておけば、学術的な価値もあります。

子供の自由研究にも向いていますね。

 

シーグラス

ビーチコーミングで拾えるシーグラス

シーグラスはガラスの破片です。

シーグラスとは海に落ちているガラスのことです。
捨てられた瓶などが割れた後に、摩耗して曇りガラスのようになったガラスです。
あまり削れていないものは、手を切ってしまう危険もあるので拾うときは気をつけてください。

非常に味のある漂流物で、様々な工作などに使える優れものです。

ひとつだけだとあまり価値はないかもしれませんが、たくさん集めれば面白いものが作れると思います。

シーグラスについては下記の記事で詳しく説明しています。

シーグラス工作の作り方とビーチコーミングによる見つけ方を紹介!
シーグラス、別名ビーチグラスやシーガラスと呼ばれることもあります。 これらを使った工作の数々はとても美しいです。 そこで、シーガラスの工作の種類とその作り方、そしてビーチコーミングによるシーグラスの見つけ方を紹介していきたいと思いま...

写真立ての木枠に貼り付けてみたり、ボンドでシーグラス同士をくっつけていってランプシェードを作ったりすれば、とてもおしゃれなインテリアになります。

 

売れるかもしれない、流木

流木も味があってなかなかいいですよ。
拾ってきたら、水に付けて塩抜きをしてください。

水槽に入れたり、部屋のインテリアしたりするのにも向いてます。
流木を使った工作も面白いかもしれません。

実は流木って意外高値で売れるんです。

流木を売って副業として稼いでいる方もいるぐらいです。
素敵な形の流木をたくさん集めたら売ってみるのもよいかもしれません。

 

レアなお宝、イルカの耳骨

イルカの耳骨

イルカの耳の骨です。
大きいとクジラの耳の可能性もあります。

実はこれめっちゃレアなお宝なんです。

なかなか拾うのが難しいです。
あとあればみんな拾っていっちゃうので、ライバルも多いです。

状態のいいものであれば、一個二万円ほどで取引されてます。

中に紐を通せるような穴が開いているため、アクセサリーなどにするのが人気です。

 

サンゴ

時々こんなサンゴが打ちあがっていることもあります。
採集したのは千葉です。

おそらくキクメイシモドキという種類のサンゴです。

房総半島以南でしたら十分拾える可能性があります。
水槽のインテリアなどにいいと思います。

カシパンの仲間

スカシカシパンやヨツアナカシパン、タコノマクラなどカシパンの仲間も変わった形をしていて、魅力的です。
もろくて簡単に割れてしまうので、完品に出会うことは中々ありません。
頑張って探してみてください。

 

ビーチコーミングの注意点や危険について

お手軽にできるビーチコーミングですが、もちろん危険もあります。

ビーチコーミングに出かける前に確認して欲しいことをまとめてみました。

ビーチコーミングは高浪・高潮に注意

ビーチコーミングは荒れたあとの海がおすすめです。

なので、高波や高潮の危険性もあります。

特に台風後は、高浪に巻き込まれて海に引きずりこまれる可能性があります。

波浪の予報をしっかりと確認して、波が落ち着いてからビーチコーミングを始めることを心がけてください。

危険な漂着物に注意

ビーチコーミングでは、危険な漂着物に注意する必要があります。

工作などに人気のシーグラスも、ガラスの破片です。中には、捨てられて割れたばかりで、まだ角の取れていない先の尖ったガラスの破片も落ちています。

時には注射器といった医療用廃棄部なども落ちているのを見かけることもあります。

大変危険ですので、触らないように注意してください。

ビーチコーミングではこのようなもので、手を怪我してしまう危険性もあります。そのため軍手や手袋なので手を保護する必要があります。

個人的には、ダイビングなどで使うグローブがおすすめです。厚みがあるので怪我をする心配も少ないです。ダイビング用のため水に濡れてもすぐ、水がはけてくれるためとても使いやいです。

ビーチコーミングで注意したい危険生物

ビーチコーミングではカツオノエボシやギンカクラゲなどの危険生物に注意する必要があります。
特にカツオノエボシは毒性が強いので注意が必要です。

死んでいて打ちあがっていても、毒は残ったままなので触ると刺胞で刺されてしまいます。

見かけても決して触らないように注意しましょう。

 

ビーチコーミングにおすすめの本や貝の図鑑

ビーチコーミングをはじめよう

こちらの本はビーチコーミング初心者向けの本です。
ビーチコーミングを始めるにあたってのいろはが解説されています。

骨や貝殻といった生物の漂着物だけでなく、人口の漂着物も解説しているのが魅力です

とりあえず一冊買うならこれがおすすめです。

 

ときめく貝殻図鑑

貝殻に特化した図鑑です。
良く拾える貝を中心にきれいな貝殻の写真が載っています。

貝殻の名前を調べたいときには持っておきたいです。

 

美しい貝 図鑑&採集ガイド

こちらも貝の図鑑です。

こちらは採集ガイドまでついているので、お目当ての貝を探したいときにどんな所を探せばよいのか参考にすることができます。

 

さあ、浜辺に行こう

ここで紹介した以外にも、たくさんの漂着物があります。
お気に入りのお宝が見つかるといいですね。

子どもの自由研究としても、手軽にできていいと思います。
拾ってきたものをまとめて図鑑を作ってみたり、拾ってきたもので工作をすれば、それだけで立派な自由研究になります。

珍しいものが拾えると、なかなかテンション上がりますよ。
高価なものが拾えたら売って換金しちゃうのもおすすめです。

是非、浜辺に足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました