オーナーズブックの評判は?投資実績も合わせて紹介

オーナーズブックの評判は?投資実績も合わせて紹介

株や仮想通貨はちょっとリスクが高くて怖いですよね
そんな方には堅実に投資できるソーシャルレンディングがおすすめです。

今回はOwnersBook というソーシャルレンディングサービスについて、私の投資実績とともに紹介していきたいと思います。

 

オーナーズブックとは?

OwnersBook とは、ロードスターキャピタルが運営するソーシャルレンディングサービスです。

オーナーズブックはソーシャルレンディングの中でも、不動産に特化した会社です。
案件はすべて不動産関連です。

利回りは、4.6~14.5%となっています。

 

会社情報

オーナーズブックを運営している、ロードスターキャピタル株式会社は、ソーシャルレンディングを運営している企業の中で、唯一の上場企業です。

株式を上場するには様々な厳しい審査があります。
ですから、上場企業はコンプライアンス違反をしている可能性が他企業より低いということが言えます。

みんなのクレジットや、ラッキーバンクのようにソーシャルレンディングサービスの企業自体が行政処分などになってしまうと、最悪企業が倒産したり、売却されたりしてしまいます。

つい先日もグリーンインフラレンディングで最終資金受給者が、掲示していた用途と別のところでお金を使っていたということで、行政指導が入りました。

そうなると、投資したお金が全く返ってこないという事態も考えられるので、安心できる投資先を選定しましょう。

そこで、オーナーズブックは上場もしていて、安心できると言えます。
上場企業ですと、会社の経理情報も公開する義務がありますので、利益や資産を確認できるというのもメリットです。

下記の図がオーナーズブックの資産と利益です。

財務諸表

(引用:Owners book 会社紹介

 

素晴らしいぐらいの右肩上がりですね。
これだけ順調に業績を伸ばして入れば、会社が倒産してしまうというリスクも近いうちはほぼないといってよいでしょう。

オーナーズブックのメリット

上場企業である

先ほど書いたように上場企業であるのは、非常に大きなメリットです。
オーナーズブックは上場してから、株価も順調に右肩上がりになっています。

上場することによって企業の知名度も上がるので、これからの更なる発展に期待したいですね。

 

リスクが低い

オーナーズブックの投資先は、ソーシャルレンディングサービスの中でも一番リスクが少ないと思います。

というのも、投資先が不動産であるため、景気などに左右されません。
そのため分散投資にも向いています。

不動産の案件も都内をはじめとした都会がほとんどです。
そのため、ローケーションによるリスクも少ないです。

 

ホームページでも案件紹介においてわかりやすく、物件リスク分析がされています。
そのため、リスクが高い物件については投資を見送る判断がしやすくなっています。

物件リスク分析 

ロケーション 京都府京都市中京区
稼働率単位:% 分析対象外(京町家用地のため)
スポンサー クレジット 設立3年未満の総合不動産会社

(引用:物件リスク分析)

貸し倒れゼロ

オーナーズブックは、創業以来いままで、貸し倒れがゼロです。
貸し倒れがゼロであれば、今後も貸し倒れが起きるリスクは低いので、安心して投資できます。

とはいえ、貸し倒れはいつ起こるかわかりません。
今まで起きていないから今後も絶対起きないということはありえません。

そのため、分散投資はしっかりと行いましょう。

 

投資家への対応が素晴らしい

オーナーズブックは投資家への対応が素晴らしいです。

投資家を対象とした説明会を定期的に行っています。
質問なども自由にすることができるので、疑問に思ったことは解決しやすい状況が整っています。

また、先日グリーンインフラレンディングで不正があった際も、すぐさま私たち投資家にメール連絡をくださいました。
オーナーズブックではこのような不正はなく、社内の監査もしっかりと行っているので、これからも引き続き安心して投資していただきたいとの旨のメールでした。

このように、心配事があったときも迅速に対応をしてくださるので、非常に顧客想いの会社なんだということがわかります。

現在一番信頼できるソーシャルレンディングは、オーナーズブックであると私は思っています。

 

少額から投資できる

オーナーズブックはなんと1万円から投資することができます。

ちょっと投資は怖いけど、試しに1万だけならいいかもって人も気軽に投資することができます。
是非試しにやってみてはいかがでしょうか。

 

オーナーズブックのデメリット

利回りが低い

オーナーズブックの利回りは、4.6~14.5%となっていますが、ほとんどの案件が、5%前後です。
ソーシャルレンディングの中では利回りが低いほうです。

過去には早期償還によるボーナスが発生して、実質利回りが10%を超えるという案件も発生していたようですが、残念ながら最近はほとんどないみたいです。

オーナーズブックは、ローリスクローリターンを目指したい方向けの投資先になってくるでしょう。

 

分配金は毎月支給ではない

マネオなど他社のソーシャルレンディングでは、分配金を毎月支給している所もありますが、残念ながらオーナーズブックは毎月の支給ではありません。

3,6,9,12月の末日より20日前後を目途として配当を実施することになっています。

多額の投資を行っている方は、毎月分配金がもらえたほうが、再投資しやすいかと思います。
ですが、毎月一万円を超える分配金をもらえないと、毎月再投資はできません。

なので、ほとんどの方は結局数か月ごとに再投資という形になるかと思います。

そのため、私自身毎月の配当でなくてもさほど、デメリットとは感じておりません。

 

オーナーズブックの投資実績

オーナーズブックへは、現在20万円投資しています。
利回りは4%と4.5%の案件です。

先日初めての分配金をいただきました。
そのため558円の収益になりました。

今後も分配金がもらえたら随時更新していきたいと思います。

 

まとめ

オーナーズブックはソーシャルレンディングサービスの中でもリスクの低さは、トップクラスです。

リスクをできるだけ抑えて投資したい方、投資信託などとは別に分散投資したい方にはうってつけの投資先です。

是非投資してみてください。

投資カテゴリの最新記事