マネオは怪しい?気になる評判と投資実績を大公開!

マネオは怪しい?気になる評判と投資実績を大公開!

仮想通貨投資に疲れた投資家さんたちにソーシャルレンディングをオススメしたいこの頃です。

ソーシャルレンディングは仮想通貨や株に比べたら、リスクが低いので気楽にできます。

業界最大手のマネオなら安心感も高いので特におすすめです。
私も実際にマネオに40万投資しております。

そこでマネオの評判や私の投資実績について紹介していきたいと思います。

 

 

maneo(マネオ)とは?

マネオは最大手のソーシャルレンディング・サービスです。
カエルのキャラクターがなかなか愛くるしいですよね。

マネオはなんと業界シェア50%を超えています。
そして、累計投資額は約1112憶円、登録ユーザー数68,460人です。

ちなみにクラウドバンクでは、累計投資額が275憶円です。

他のソーシャルレンディング・サービスと比べてみるとこの規模がいかに凄いのかがよくわかると思います。

 

マネオは怪しい会社ではない

マネオは決して怪しい会社ではありません。
その証拠に株主の中にはGMOフィナンシャルホールディングスをはじめとする、有名企業が入っています。

また一般社団法人第二種金融商品取引業協会の認可を受けている企業です。

国から金融の業務をしていいですよと、公式に認められています。
そのため、詐欺などとは無縁です。

ですが、投資である以上もちろん損をするリスクもあります。

マネオの仕組みも含めて、説明していきたいと思います。

 

マネオの仕組み

maneoのしくみ

(引用:マネオのしくみ

 

マネオの仕組みは私たち個人投資家が複数でマネオを通して、借り手に投資します。
ローンファンドが成立して、返済までされると、元本+利息がもらえるという仕組みです。

まさにwinーwinというわけなのです。

 

会社情報

マネオはマネオマーケット株式会社が運営しています。
株主はGMOフィナンシャルホールディングスやSMBCベンチャーキャピタルなど8社あります。

GMOフィナンシャルホールディングスからバックアップを受けているという事実は非常に心強いですね。

何か重大なトラブルが発生しても真摯な対応をしてくれる事でしょう。

 

マネオの魅力

マネオの魅力といえばやはりこの事業規模でしょう。
ソーシャルレンディングはサービスを運営している会社が潰れてしまうと、投資金がゼロになってしまう恐れがあります。

しかしこれだけの規模になれば、倒産するリスクも低くなります。
そして、経営が悪化しても、株主の支援や他企業による買収立て直しを期待することができます。

これならば、個人投資家も安心して投資することができます。
この安心感により、ここまでのシェア率にまで発展してこれたのでしょう。

現在のソーシャルレンディングサービス会社の中では、断トツで倒産するリスクが低いと思っています。

初心者はまずはマネオへの投資から初めて見ることをお勧めします。
現在マネオにはグループ会社として、10社のソーシャルレンディングがあります。

マネオアカウントを作ると一緒に登録できるサービスもあるので利用してみるとよいでしょう。

 

マネオのデメリット

私の個人の意見ですが、マネオには気になる点が1点あります。
それは顧客のステータスを設定してしまっている点です。

投資金額に応じて5つのステータスに分けています。

 

会員ステータス 判定条件 保留期間(※2)
ダイヤモンド 3,000万円以上 1年
プラチナ 1,000万円以上3,000万円未満 6ヶ月
ゴールド 500万円以上1,000万円未満 なし
ブロンズ 100万円以上500万円未満 なし
レギュラー 100万円未満 なし

(引用:会員ステータス)

ご覧の通り、ブロンズに上がるためにも100万円の投資が必要になってきます。

そして、ステータスによって投資できる案件を制限しています。
そのため、スタンダードですと魅力的な案件には投資できないんですよね。

利回りが高い案件に投資するには、少なくともブロンズにはなっておきたいところです。

 

しかし、ソーシャルレンディングの利点は少額で分散投資できることです。
初心者が投資するのに、1社に100万円も投資するのはちょっとリスクが高すぎますよね。

50万円くらいまで下がってくれるといいんですけどね。
という訳でここはマネオのマイナス点だと思っています。

ですが、最近はグレードに縛りのない、高利回り案件も増えてきているのでデメリットは改善されつつあります。

 

マネオヘの投資状況

現在マネオには40万円投資しています。予定している利回りは5~6%です。
下記が分配予定の明細になります。

 

2018年分配予定額明細

2018年分配予定額明細

2018年の2月ごろに投資を開始しました。

分配予定日 分配合計額 内、投資元本 内、税引前利益 (差引)源泉徴収税 ステータス
2018/04/06 ¥152,950 ¥150,000 ¥3,701 ¥751 分配済
2018/05/14 ¥994 ¥0 ¥1,247 ¥253 分配済
2018/06/06 ¥3,575 ¥1,366 ¥2,770 ¥561 分配済
2018/07/09 ¥1,708 ¥0 ¥2,144 ¥436 分配済
2018/07/25 ¥149,899 ¥149,625 ¥344 ¥70 分配済
2018/08/08 ¥81,192 ¥80,160 ¥1,295 ¥263 分配済
2018/09/06 ¥678 ¥0 ¥851 ¥173 分配済
2018/10/10 ¥656 ¥0 ¥824 ¥168
2018/11/07 ¥678 ¥0 ¥851 ¥173
2018/12/07 ¥656 ¥0 ¥824 ¥168
合計 ¥392,986 ¥381,151 ¥14,851 ¥3,016

リスクを考えて全額は運用していない状況です。
もう少し分散投資を心がけるつもりです。

現在の総合収益は下記の通りです。

元本返済及び収益分配額合計 393,503 円
△元本返済額 381,151 円
収益分配額 12,352 円
△元本損失額 0 円
収益額 12,352 円

数件償還されたのでその分はまた再投資に回しました。
収益額はついに1万円を突破しました。

ですがこの金額は税金が惹かれる前の金額ですので、実際に貰える金額はこれよりすこしだけ下がってしまいます。

このままちょっとずつ収益を増加させていければいいいいですね。

 

40万円投資している割には分配金はまだまだです。

リスクを避けるため、1ヶ月という短期間の案件にも投資してるからです。
短期間案件ですと、投資準備期間が割合として長くなってしまうため、実質利回りが悪くなってしまいす。

その分安心感はありますが…

今後も予定通り分配金をいただくことができれば、分配金が1万円を超えてきます。そうすればその10,000円もまた再投資に充てることができるのです。
これがいわゆる福利効果と呼ばれるものです。

つまり、帰ってきたお金と分配金をさらに投資していけば最終的にはもっとお金を増やしていくことが出来るでしょう。

ソーシャルレンディングは株などと違って値段が頻繁に上がったり下がったりということがありません。
もちろん元本割れのリスクはありますが、安心してみてられるので非常にストレスフリーな投資方法です。

私も株はやっていますが株は疲れます(笑)
特に個別株は、長期目線で保有しておこうと決めていてもどうしても値段が気になってほかのことに身が入らなくなってしまいます。

その点maneoをはじめとするソーシャルレンディングは基本放置で投資することができます。

特にサラリーマンのような忙しい方々にはおすすめですので皆さんも始めてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】投資初心者におすすめのソーシャルレンディングを利回りやリスクで徹底比較

【関連記事】【運用実績公開】ソーシャルレンディングなら投資初心者でも低リスクで儲かる!!

 

↓おすすめのソーシャルレンディングのリンクです。
クリックすると各社サイトに飛びます。

【クラウドクレジット】 高利回りが魅力の海外案件が豊富

OwnersBook 安定感抜群の不動産ソーシャルレンディング

クラウドバンクで資産運用 環境エネルギー関連が豊富

投資カテゴリの最新記事