危険物取扱者試験の勉強方法・難易度・おすすめの参考書を紹介!

資格

危険物取扱者とは

危険物取扱者とは、一般財団法人消防試験研究センターが運営してる国家資格です。

危険な物質をできる限り安全に管理、取り扱うための資格です。

ガソリンスタンドや工場など、一定量以上の危険な物質を扱っている施設には、危険物取扱者を配置しなければならないということが、法律で義務付けられています。

危険物取扱者の免状は、甲乙丙の大きく3種類に別れています。そのなかで、乙種はさらに3つに別れています。

それぞれの免状での取り扱える危険物の詳細は下記の通りです。

甲種
全種類の危険物

乙種
第1類
塩素酸塩類、過塩素酸塩類、無機過酸化物、亜塩素酸塩類、臭素酸塩類、硝酸塩類、よう素酸塩類、過マンガン酸塩類、重クロム酸塩類などの酸化性固体

第2類
硫化りん、赤りん、硫黄、鉄粉、金属粉、マグネシウム、引火性固体などの可燃性固体

第3類
カリウム、ナトリウム、アルキルアルミニウム、アルキルリチウム、黄りんなどの自然発火性物質及び禁水性物質

第4類
ガソリン、アルコール類、灯油、軽油、重油、動植物油類などの引火性液体

第5類
有機過酸化物、硝酸エステル類、ニトロ化合物、アゾ化合物、ヒドロキシルアミンなどの自己反応性物質 

第6類
過塩素酸、過酸化水素、硝酸、ハロゲン間化合物などの酸化性液体

丙種
ガソリン、灯油、軽油、重油など

危険物取扱者の受験資格

乙種、丙種には受験資格はなく誰でも受験することができます。

甲種については受験資格が必要で、詳細は以下の表のとおりです。

対象者 大学等及び資格詳細 願書資格欄
記入略称
証明書類

〔1〕
 大学等において化学に関する学科等を修めて卒業した者

大学、短期大学、高等専門学校、専修学校
高等学校の専攻科、中等教育学校の専攻科
防衛大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等

大学等卒

卒業証明書
又は
卒業証書
(学科等の名称
が明記されて
いるもの)

〔2〕
 大学等において化学に関する授業科目を15単位以上修得した者

大学、短期大学、高等専門学校(高等専門学校にあっては専門科目に限る)、大学院、専修学校 

大学、短期大学、高等専門学校の専攻科
防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、気象大学校、職業能力開発総合大学校、職業能力開発大学校、職業能力開発短期大学校、外国に所在する大学等

15単位

単位修得証明書
又は
成績証明書
(修得単位が明記
されているもの)

〔3〕
 乙種危険物取扱者免状を有する者

乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上の者

実務2年

乙種危険物取扱者
免状 及び
乙種危険物取扱
実務経験証明書

次の4種類以上の乙種危険物取扱者免状の交付を受けている者

〇第1類又は第6類 〇第2類又は第4類
〇第3類  〇第5類

4種類

乙種危険物
取扱者免状

〔4〕
 修士・博士の学位を有する者

修士、博士の学位を授与された者で、化学に関する事項を専攻したもの(外国の同学位も含む。)

(出典:一般財団法人消防試験研究センター)

危険物取扱者試験の内容

危険物取扱者の試験はすべて択一式の選択問題です。

それぞれの種別の試験科目と問題数は下記のとおりです。

種類 試験科目 問題数
甲種 危険物に関する法令 15
物理学及び化学 10
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 20
乙種 危険物に関する法令 15
基礎的な物理学及び基礎的な化学 10
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10
丙種 危険物に関する法令 10
燃焼及び消火に関する基礎知識 5
危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法 10

                   (出典:一般財団法人消防試験研究センター)

 

危険物取扱者試験の難易度・合格率

危険物取扱者試験は3つある科目のそれぞれで6割以上の正答率で合格となります。

危険物取扱者試験の合格率は試験の種別によって大きく変わります。
甲種は37%、乙種は41%、丙種は50%ほどとなっています。

難易度もこれに比例しています。

甲種はすべての危険物を取り扱えるというだけあって難しい試験となっています。

危険物取扱者試験の勉強方法・勉強時間の目安

危険物取扱者の試験は、すべて暗記問題です。
ただし、ちょっと意地悪な問題が多い印象です。自動車免許の筆記試験に似たちょっといやらしい感じの問題も出題されます。

勉強方法としては、市販の問題集をやるのが最短の近道です。

そこまで難易度の高い試験というわけではないので、問題集を繰り返しといて一冊のなかでわからない問題がなくなるまでやれば十分合格できます。

勉強時間の目安としては、60時間ぐらいあれば合格できると思います。
とはいえ、暗記の勉強となるので、毎日コツコツと勉強する必要があります。

3か月ぐらい前から準備しておくのがおすすめです。

 

危険物取扱者におすすめの問題集、参考書

危険物取扱者の試験に合格するためのおすすめ問題集を紹介します。

甲乙丙種ごとに問題集が異なってきますので注意してください。
中でも乙種は類によって問題集が異なります。

 

しっかりと勉強しておけば一発で合格できる資格ですので、取得できるよう頑張ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました