【おおきく振りかぶって】花井梓の強さや覚醒について紹介!

花井梓はおおきく振りかぶってに登場してくるキャラクターの1人です。

花井梓の強さや覚醒、田島くんとの関係について紹介していきたいと思います。

 

花井梓のプロフィール

西浦高校野球部 1年7組

誕生日 4月28日

身長181cm

体重69kg

西浦高校野球部の主将を務めています。

入部一ヶ月後に、主将をきめることになります。そこで、花井くんは面倒みがよくて1番しっかりしているということから、満場一致で主将をお願いされ、受けることとなります。

最初は野球を続けるということにこだわりも持っていませんでした。西浦高校のグランドを見に行った際も、監督が若い女だったことでちょっと見下して斜に構えて野球部に入るつもりはありませんでした。

しかし、三橋くんとの勝負に負けたことと、女の監督モモカンの実力がわかったことで入部を決めました。

(モモカンは、ノックを真上に上げる技術を持っていて、投げては肩を作らずとも120km/hオーバー、変化球はスクリューが投げられる。)

ポジションはセンターで打順は4番、5番を打つことが多いです。

花井梓の野球の強さ、覚醒

中学時代も野球部で主将を努めていて打順は4番でした。

西浦のなかでは田島くんに次ぐ総合力、NO.2と評価されています。

守備では、センターを守っています。非常に強肩で平均以上の守備力を有しています。

チーム事情もあり、控え投手、控え捕手でもあります。しかし、投手としては控えの沖くんのほうがましです。捕手としても、控えの田島くんの方が上手く、基本的に変わることはありません。

打者としては、田島くんが居るため5番を打つことが多いです。

ただ、非常に恵まれた体格のため田島くんよりもパワーがあります。典型的なプルヒッターで、ホームランを打つ力も持っており才能的には4番向きのバッターです。

期待も込めてモモカンから4番を任される機会も多いです。

ですが、西浦高校に入ってからは思うような結果が残せずにいます。

 

覚醒、そしてホームラン

モモカンがなんとか花井くんを四番打者に育てようとしますが、なかなか実力が足らず、結果が残せないでいました。

田島くんが敬遠され、花井くんで勝負をされることもしばしばあり、田島くんとの圧倒的な力の差を感じていました。

そんな中むかえた、天才ピッチャー榛名率いる、武蔵野第一との試合。

そこで、花井くんはついに覚醒して、初ホームランを打つことができます。

この試合の花井くんはほんとにカッコイイです。

 

花井と田島

入部した当初は、花井くんと田島くんには圧倒的な差がありました。

最初こそは打撃で張り合っていたものの、力の差を感じ、かなわないと感じてきていました。

しかし、田島くんの成長の為にも、ライバルの存在が不可欠だと考えていたモモカンは、執拗に花井くんにプレッシャーをかけていきます。

プレッシャーにより、なかなか思うような結果を残せていませんでした。

田島くんには相手の決め球を狙う力があるけど、自分はみんなと同じでストレートに山を張るしかないという場面も多くありました。

そんな中モモカンの策略がついに実ってホームランを放つことが出来たのが、先程も述べた武蔵野第一戦でした。

田島くんには現状、ホームランを打つ力が無かった所で、花井くんがホームランを打つことが出来たのは非常におおきいです。

これにより、田島くんも一気に花井くんをライバル視するようになりました。

これからも2人のライバル関係が気になります!

 

モモカンと花井梓

モモカンと花井君の関係も中々見ものです。

花井くんはちょっとモモカンのことを大人の女性として意識している節があります。

先生と生徒ではないにしろ、教育者の立場なので、恋愛関係に発展することは無いと思いますが、ちょっと2人のやり取りも気になるところです。

 

花井梓の声優

花井くんの声優は谷山紀章さんが演じています。

進撃の巨人のジャン・キルシュタインやとある魔術の禁書目録のステイル=マグヌスなどで知られる声優さんです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました