【おおきく振りかぶって】阿部隆也と篠岡千代の関係や怪我について紹介

【おおきく振りかぶって】阿部隆也と篠岡千代の関係や怪我について紹介

おおきく振りかぶってのメインキャラクターで、西浦高校の捕手を務めているのが阿部隆也です。

そんな阿部くんの野球の強さや、プレーでの怪我、篠岡千代ちゃんとの関係について紹介していきたいと思います。

阿部隆也のプロフィール

埼玉県立西浦高等学校 1年
誕生日12月11日
身長170cm 
体重55kg

性格

西浦高校の副主将でキャッチャーを務めています。

性格は短期で、特に投手のこととなると父親譲りの大声で、怒鳴ってしまうことも多々あります。
三橋くんのなよなよっとした態度にはイライラしてるシーンが多く見受けられます。

投手に対してはとても過保護で、気を遣いすぎているところもあります。
三橋くん自体は大事にされてると思っていますが、周りのみんなは呆れています。

涙もろい一面もあり、三橋くんに感謝の言葉をもらった際には試合中にも関わらず泣きそうになったこともありました。

阿部隆也の父

給排水設備会社社長をしており、よく親子で野球の話をしている。
息子同様声が大きいのが特徴です。

阿部隆也の母

兄弟の試合の日が重なると、弟の応援に行きます。
野球の観戦には慣れている様子。

阿部隆也の弟、旬

弟の旬も野球をしており、兄とは違うボーイズチームに所属しています。

田島くんに強いあこがれを抱いており、会ったときにはバッティングフォームを見てもらっています。

 

阿部隆也の過去

阿部くんは、中学時代に戸田北というシニアチームに所属してプレーをしていました。2年次にはレギュラーとして、関東大会ベスト16という成績を残しています。

しかし、戸田北の一学年上の天才投手、榛名元希とは上手く関係が築けず、投手不信に陥っています。

入学前には、同じ中学だった栄口を誘って、グランド整備を始めていました。

 

阿部隆也の野球の強さ、実力は?

西浦きっての頭脳派プレイヤーで、選手の情報を多く持っています。

守備に関しては、フィールディングについては平均的な高校生の能力で、フィールディングに関しては田島くんの方が優れています。

ですが、配球に関しては非常に上手いです。三橋くんのコントロールとくせ球のストレートを上手く活かして三橋くんをリードしています。

観察眼に優れていて、三橋くんのボールを捕球して直ぐに、くせ球のストレートを見抜きました。

そして、三橋くんに投手としての自信をつけさせるために、荒川シーブリーズの4番だった、田島悠一郎は打ち取れないけど、花井梓なら打ち取れるだろうと判断して1打席の勝負を挑みます。

そして見事三振にうちとります。
相手の実力を図る力も非常に優れていることがわかります。

打撃に関しても、好成績で打率は4割を超えています。
相手の投げる球種やコースを予想するという捕手ならではの技で、相手の球種を読みバッティングをするという力にたけています。
パワーもそこそこあり、外野の頭を越す力も持っています。
モモカンには4番もありと高評価を受けています。ですが、三橋くんのリードに徹するために、下位の打順を打つことが多いです。

総合力で言えば、田島くん、花井くんに次ぐナンバー3の実力を持っています。

 

クロスプレーによる怪我

美丞大狭山戦において、ホームベースにランナーが突っ込んできたとき、抑えようとしてクロスプレーになってしまいます。
その際に足を捻挫して、ベンチに下がることになります。

そこで、変わってマスクをかぶったのは田島くんでした。

それまでの阿部くんは投手は捕手の指示に従っていればいいという考えを持っていて、サインに首を振ることをよく思っていませんでした。
自分の配球の癖がが相手に盗まれてしまった時も、三橋くんに首を振るサインを出したりしていました。
自分がベンチに下がったことにより、田島くんが三橋くんとしっかりコミュニケーションをとって配球を考えている姿を目の当たりにします。

これにより、考え方を改めるようになり、それ以来は三橋くんとしっかりコミュニケ―ションをとって配球を考えるようになるという成長につながりました。

 

篠岡千代ちゃんとの関係は?

気になるのが、マネージャーの篠岡千代ちゃんとの関係です。
作中では「しのーか」と呼ばれています。

阿部くんとは、同じ中学でした。
しかし、阿部くんがあまり友達と自分から関わりを持とうという正確でなかったこともあり、同じ中学だったこと自体知らなかった様子です。

篠岡千代ちゃんのほうはというと、阿部くんに好意を寄せているようで、時々自分から話しかけに行くシーンが多いです。
でも阿部くんはというとそれに全く気付いていない様子です。

篠岡千代ちゃんも、恋愛感情を持ち出してみんなの邪魔をしたくないという思いもあるようで、二人の恋の発展はまだまだ先になりそうです。

 

阿部隆也の名言

「投手としてじゃなくてもオレはお前がスキだよ!」

1巻で三橋くんを元気づけるために言った一言です。
二人の熱い友情を感じます。
腐女子も喚起しそうなセリフですね。

こいつはこれからどんな打者にも勝てる投手になるよ
あとは打たせた球捕ってくれる野手と
1点入れてくれる打者がいれば
甲子園に行ける

こちらも名言です。
三橋くんの凄さを目の当たりにして甲子園が夢物語じゃなくなったことを感じさせる一言です。
鳥肌が立ちます!!

「クソレフトーッ!!」

これは、大きく振りかぶっての作品の中でも一番有名なセリフですね。
三星学園との大事な練習試合において、平凡なレフトフライをエラーした水谷くんへ向けた、阿部くんの心の声です。

水谷くんはこれ以来ずっと残念なキャラクターとして位置付けられてしまってますね(笑)

 

阿部隆也の声優

阿部隆也の声は人気声優の中村悠一さんが演じています。
中村さんは、おそ松さんのカラ松やワンパンマンの無免ライダーなどで知られる声優です。

阿部くんの熱血な感じにぴったりでアニメでもカッコいいです!