環境計量士を取得するメリットと資格を生かせる仕事紹介

NO IMAGE

環境計量士は、水質や大気、騒音振動などを測定するのに必要な資格です。

本記事では環境計量士を取得するメリットと環境計量士の資格を活かせる仕事を紹介していきたいと思います。

環境計量士とは

環境計量士とは、計量法に基づく、経済産業省所管の国家資格です。

環境に関する濃度、騒音並びに振動についての計量結果を証明するのに必要な資格です。

環境計量の技術は日々進化しています。資格をとったらゴールではなく、資格を取ってからがスタートです。

環境計量士になったら、一生勉強をしていくことになります。

環境計量士を活かせる仕事

公務員

環境計量士を生かせる仕事として、まず公務員があります。

公務員の中でも、化学や技術系の職員であれば環境計量士はとても重宝されます。

公務員でも化学分析などをする職員もいるため、環境計量士の資格は持っていた方がいいです。

また、環境調査などの仕事を発注するとき、環境コンサルタントなどに発注することとなります。

環境コンサルタントの職員、環境アセスメントの調査員は、環境計量士の資格を持っている方が多いです。

発注する側がも必要最低限の知識を持っていないと話が進められません。環境計量士の資格の勉強をすることによって化学系の環境調査の基礎知識を身につけることができます。

また、資格を持っていれば受注者からも評価されるため、仕事が進めやすくなるというメリットがあります。

環境アセスメント調査員

環境計量士と言えば、環境アセスメント調査員・環境コンサルタントがほとんどを占めています。

化学系の環境コンサルタントにとって、環境計量士の資格は必須の資格となります。

環境計量士は濃度関係と騒音振動関係の2つの部門がありますが、濃度関係の方が需要が高くてオススメです。

環境コンサルタントでの仕事は、主に室内分析の仕事が多いです。水質や土壌のサンプルなどを化学分析して、有害物質を測ったり、ダイオキシン類を測定したりすることが多いです。

実際に現地に行って採水を行ったり、大気を測定したり、振動や騒音を測定したりすることもあります。

そのため、全国各地に出張に行くこともあります。

 

環境計量士を取るメリット

環境計量士を取るメリットとして、まずこの資格を持っていることで受注資格を得られる仕事があります。

環境計量士は難易度が高く簡単に取れる資格という訳ではありません。また官公庁から発注される環境アセスメントや環境調査の仕事を受注するためには、技術士を初めとする様々な資格を持っている社員が居ないと受注することが出来ません。環境調査に水質などの調査がある場合は、環境計量士の資格を持っている方が分析担当者にならないと、仕事を受注することが出来ません。 

なので、環境計量士の資格は非常にメリットがあります。

環境計量士は会社として社員に絶対取ってもらいたい資格のひとつなのです。

そのため、環境アセスメントの調査員であれば資格手当を支給している会社が多くあります。

給料アップに繋がるというメリットがあります。

また、資格を持っていれば自分の技術力をアピールすることができます。

環境系の仕事に就職する時や、転職する時などに、有利になること間違いなしです。

まだ資格を取っていない方は、ぜひとも早いうちに頑張って取得してください。

環境計量士の試験内容と勉強法や問題集を紹介、難易度や合格率は?

 

資格カテゴリの最新記事