マクロレンズで蝶を撮影してみた、作例紹介

NO IMAGE

私は蝶が好きで、マクロレンズでよく撮影しています。

そこで、本記事では私がマクロレンズで撮った蝶の写真を紹介していきたいと思います。

マクロレンズで撮影した蝶

ミヤマカラスアゲハ 写真

こちらはミヤマカラスアゲハという蝶です。山地などで普通に見られる蝶ですが、青っぽい構造色がとても綺麗な蝶です。

F⒉8  ISO感度200 シャッタースピード1/1000で撮影しています。蝶にバッチリピントがあって綺麗に撮れた1枚です。

良くを言えばもう少し寄って撮影できれば良かったです。

 

沖縄で撮影した、アオタテハモドキです。 如何にも南国の蝶と言った風貌で素敵でした。

F3.5 ISO感度320 シャッタースピード1/1000で撮影しています。

 

リュウキュウアサギマダラ

こちらも沖縄で撮影した、リュウキュウアサギマダラです。F2.8 ISO感度320 シャッタースピード1/1000で撮影しています。

花に止まったところで背景は完璧でした。花にはピンがあっていないので、もう少し絞って撮影してみれば良かったと思います。

こちらは撮影最短距離で接写したシジミチョウです。

マクロレンズ良さが全面に出ている写真だと思います。普段あまり目にすることの無い、蝶のアップの写真が撮れました。

ピントをずらしながら何枚か撮影しておいて、深度合成をしてみるのも面白いです。

そうすると、触覚から羽の先まで全てにピントがあって少し変わった趣の写真になります。

蝶の撮影に使ったカメラとマクロレンズ紹介

最後に今回の撮影で使ったカメラとマクロレンズを紹介していきます。

キャノン 7D

キャノンのAPS-Cサイズの中級機にあたる機種です。今は7DMarkⅡが出ていて、少し古い機種になりますが、画質も優れていて連写性能も高いです。

だいぶ安くなっているのでお買い得の一眼レフです。

 

キャノン 60mm 単焦点マクロレンズ

キャノンの60mmの単焦点マクロレンズです。APS-Cサイズ機であれば、60mmぐらいのマクロレンズが使いやすくておすすめです。

蝶を撮るならもう少し望遠のマクロじゃないと撮れないのではと思う方もいるかと思いますが、慣れてくると結構蝶に寄って撮影できます。

なので60mmのマクロレンズが非常に使いやすいです。

 

 

 

 

カメラカテゴリの最新記事