ペンタックスで使える野鳥撮影におすすめの超望遠レンズ

NO IMAGE

野鳥撮影をしようとすると、400mm以上の超望遠レンズが必要となってきます。

そこで本記事では、ペンタックスの一眼レフで野鳥撮影をする際におすすめの超望遠レンズを紹介していきたいと思います。

 

野鳥撮影におすすめのペンタックス純正望遠レンズ

PENTAX 望遠ズームレンズ HD PENTAX-D FA150-450mm F4.5-5.6ED

ペンタックスの150-400mmの望遠ズームレンズです。

ペンタックスの望遠レンズとしては一番高性能でおすすめのレンズです。
クイックシフト・フォーカス・システムが備わっているため、自由にマニュアルフォーカスとオートフォーカスを切り替えることができます。そのため、野鳥へのピントが合わせやすいです。

画質はさすが純正レンズというところで、450mmのテレ端でも画質が落ちることなく綺麗な写真を撮ることができます。単焦点並みの描写力で、背景もしっかりぼかして撮影することができます。

防塵防滴構造となっていてHDコーティングもされているため、ペンタックスらしい耐久性の高さも魅力です。HDコーティングのおかげで逆光にも強く色収差もほとんどありません。

望遠レンズとしてはコンパクトなつくりで、手振れ補正も強力なので、手持ち撮影もばっちりこなせます。

ただ値段が少々高いのがネックです。

 

 

PENTAX スターレンズ 超望遠単焦点レンズ 300mmF4

ペンタックスの300mm単焦点レンズです。
望遠レンズとしては、開放F4 と明るいので、きれいにボケた写真を撮ることができます。

単焦点なので画質の良さも一級品です。
野鳥撮影をメインで考えるにはちょっと焦点距離が短めなのが難点ですが、別売りのテレコンバーター(エクステンダー)を装着すれば、焦点距離は伸ばすことができます。

単焦点の高画質なレンズのためテレコンバータを装着してもそれほど画質は落ちずに撮影することができます。

先ほどの150-450のほうが野鳥撮影用のレンズとしてはおすすめですが、こちらのほうが値段が安いのが魅力です。

 

 

 

ペンタックスのカメラで使える野鳥撮影におすすめのサードパーティー望遠レンズ

ペンタックスの純正の望遠レンズは結構お値段が高いのがネックです。
そこで、シグマやタムロンをはじめとするサードパーティーレンズの中で、野鳥撮影におすすめの超望遠レンズを紹介していきたいと思います。

 

SIGMA 超望遠ズームレンズ APO 50-500mm F4.5-6.3  ペンタックス用

シグマの50-500mmの超望遠ズームレンズです。
現状、サードパーティーで野鳥撮影ができる焦点距離でペンタックス用のマウントがあるのは、こちらのレンズだけになります。
ペンタックスのカメラを使ってできるだけ安く綺麗なや小写真を撮りたい方はこちらのレンズがおすすめです。

性能的にはペンタックスの純正レンズのほうが綺麗ですが、シグマのレンズも十分な画質で撮影することができます。
手振れ補正もしっかりついていて純正と同じように手持ちでの撮影をすることができます。

値段は半分以下で購入することができるので、純正レンズには手が出ない、高すぎるという方はシグマの超望遠レンズを購入してください。

 

 

[関連記事]
ペンタックスKマウント用のおすすめ神レンズ6選
野鳥撮影に必要なおすすめキャノンのカメラ機材を紹介、初心者必見!
野鳥撮影初心者におすすめ、10万円以内で全て揃う入門用の安いカメラと超望遠レンズを紹介

 

 

 

カメラカテゴリの最新記事