Canon EF-S60mm F2.8マクロレンズの評価・レビューと作例紹介

Canon EF-S60mm F2.8マクロレンズの評価・レビューと作例紹介

私の愛用しているレンズの一つであるキャノンの60mm単焦点マクロレンズの評価・レビューをしていきたいと思います。

このレンズは値段もお手頃でとても高画質なレンズなので、良かったら購入してみてください。

 

Canon EF-S60mm F2.8マクロの評価・レビュー

Canon EF-S60mm F2.8マクロの性能

 

レンズ構成

8群12枚

焦点距離

60mm

F値 2.8
最大撮影倍率 1倍
最短撮影距離 20㎝
重量

335g

Canon EF-S60mmマクロの基本性能は上の表のとおりです。
なお、APS-C専用のレンズとなっているのでフルサイズ機では使用できません。

最近値段も下がってきており、非常にお買い得でコストパフォーマンスがよくなっています。

焦点距離は35mm判換算で96㎜で中望遠クラスのマクロレンズです。

非常に使いやすい画角で、昆虫撮影は花撮影などに向いています。
最短撮影距離がたったの20㎝なので小さい対象物にも思いっ切り寄って大きく撮影することができます。
手振れ補正はついていませんが、手持ちでのマクロ撮影でも手振れすることなく普通に撮影することができます。

マクロ以外でも普通の撮影に使用することができ、ポートレート撮影にも向いているレンズです。

F2.8の開放でとっても解像度はほとんど落ちることがなく、背景の綺麗にボケた写真を殺意栄することができます。
また三脚を使った撮影で、Fを絞ると細部までくっきりとした解像度の良い写真を撮ることができます。

色味も非常にはっきりして、マクロらしいパリッとした写真を撮ることができるのが魅力です。
だれでも簡単に図鑑にあるようなプロの生物写真が撮れちゃいます。

 

 

ライバルレンズとの比較

Canon EF-S60mmマクロのレンズの比較対象となってくるのは、同じくキャノンの100mmマクロレンズと、タムロンの60mmマクロレンズになってくると思います。

まずキャノンの100mmマクロについては、フルサイズ機にも対応しています。
そのためフルサイズ機の方は迷わず100mmマクロの購入がおすすめです。

APS-Cサイズ機ですと、キャノンの60mmマクロがおすすめです。
100mmマクロですと、被写界深度が浅すぎて、ピントが合う範囲が狭すぎることがあります。
なので、60mmマクロの購入をお勧めします。

 

もう一つのタムロン60mmマクロですが、こちらも非常に優秀なレンズだと思います。
最小F値も2.0とキャノンのレンズよりも明るく、値段も同じくらいです。
画質・解像度についても両者似通ったレベルです。

非常に悩ましいですが、キャノンの60mmのほうがおすすめです。

理由は二つあります。
一つ目はタムロンのF2は少し画質が荒くなってしまうということから、あまり使えるシーンがありません。F2. 8で十分満足です。

二つ目は、操作性です。
マクロ撮影ではMFで自分でピントリングを調整して撮影する機会が多くなります。
タムロンのレンズはこのピントリングがいまいち動きが悪いです。

キャノンのほうがピントリングが動かしやすくバッチリピントが決まります。

そのためキャノンのレンズを購入するのをお勧めします。

 

 

Canon EF-S60mm F2.8マクロの作品例紹介

最後にCanon EF-S60mm F2.8マクロレンズの作例紹介をしていきたいと思います。

ミヤマカラスアゲハ 写真

ミヤマカラスアゲハの写真です。非常に発色がよく綺麗です。
拡大すると鱗粉までバッチリ写っていて解像度の高さがすごいことを感じます。

シジミチョウの仲間の顔のアップ写真です。
非常に小さな蝶ですがここまで寄ることができます。

 

[

花も寄ればこのようにダイナミックにとることができます。

 

Canon EF-S60mm F2.8マクロは非常に面白いレンズですので、皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

[関連記事]キャノン・ニコンのおすすめマクロレンズ8選と選び方

 

カメラカテゴリの最新記事