シーグラス工作の作り方とビーチコーミングによる見つけ方を紹介!

シーグラス工作の作り方とビーチコーミングによる見つけ方を紹介!

シーグラス、別名ビーチグラスやシーガラスと呼ばれることもあります。
これらを使った工作の数々はとても美しいです。

そこで、シーガラスの工作の種類とその作り方、そしてビーチコーミングによるシーグラスの見つけ方を紹介していきたいと思います。

 

シーグラスとは

まず始めにシーグラスとは、上の画像のように海岸に落ちているガラスのことを言います。
波に揉まれることによって、ガラスの角が取れ丸くなっているのが特徴です。
また表面も擦れて曇りガラスのようになっていて味わい深いです。

シーグラスはもともと、人間が破棄した瓶などが海や川などに捨てられて、それが割れたのちに波にもまれて、写真のような角の取れたシーガラスとなっています。

色は透明・茶色・緑が多く、次いで水色・黄色・ピンクなどがあります。
稀に、黒や灰色、紫などのシーガラスが見つかることもあります。

 

シーグラス工作の作例と作り方

フォトフレーム

一番手軽にできてメジャーな工作がフォトフレームです。
別途にシンプルなフォトフレームを買ってきて、その上にシーグラスを張り付けていくという簡単なものです。

シーガラスだけでなく、拾った貝なども一緒に張り付けるともっとおしゃれになります。

 

 

ランプシェード

シンプルな白いランプシェードに張り付けて作成します。

ビーチグラスだけで作ることも可能です。
その場合は単純に、円柱型、もしくは四角柱型にビーチグラスを積んでいって作成します。

グルーガンで1枚1枚くっつけながら積んでいきます。
ビーチグラスだけで作る場合は、非常に多量のビーチグラスが必要となります。

明かりをつけるとビーチグラスの色が強調されてとてもきれいに光ります。

 

シーグラスのアクセサリー

シーガラスのアクセサリーなども人気です。
ガラスなので、穴をあけるのが難しいです。
割れてしまいます。

基本的には細い針金を巻き付けてアクセサリーにしていくのがおすすめです。

針金も模様としてアクセントになるのでとてもおしゃれです。

 

シーグラスの工作・加工にはグルーガンがおすすめ

シーグラスの工作にはグルーガンがおすすめです。
ボンドなどでも貼り付けることはできますが、グルーガンのほうがより頑丈につけることができます。

グルーガンは接着剤を熱で温めて溶かし、それで接着するというものです。
意外と安いので、いろいろな工作に使うことができます。

また、ボンドですと乾くまでに多少時間がかかるというデメリットがありますが、グルーガンであれば比較的短時間で接着するっことができます。

 

ビーチコーミングでのシーグラスの見つけ方

シーグラスは買ってしまったほうが早い

ビーチコーミングが好きな人は貝などを拾うついでに、シーグラスを拾うのがよいと思います。

ですが、とりあえずシーグラスの工作がしたいという方には、買ってしまったほう手っ取り早くおすすめです。
というのも、このシーガラスは、落ちている海岸にはそこそこ数もあって拾う拾えるのですが、落ちていないところではほんとに落ちていません。

なので、意気込んで拾いに行ったはいいけど、結局全然集まりませんでしたということも多々あります。

そこで、ネットで買ってしまうという方法です。

ネットであれば、色分けされて売っている場合もあるので、工作に使うにはとても効率がよく、使いやすいというメリットがあります。

 

 

シーグラスを拾いに行くなら千葉がおすすめ

やっぱり自分で拾いに行きたいという方は、関東であれば千葉に拾いに行くのがおすすめです。
探しに行くのは砂浜海岸がよいです。

自分で拾ってきたシーグラスは、一晩真水で塩抜きをし乾燥させてから使ってください。
そのままですと汚れていますし、海水のにおいが染みついています。

砂浜海岸で漂着物がたくさん打ちあがっているところで探すのがよいです。

千葉の中でも館山市の海岸はシーグラスがたくさん落ちている場所が多いのでぜひ足を運んでみてください。

ついでに綺麗な貝などを拾うことができるとよいですね!

[関連記事]ビーチコーミングでレアものお宝さがし、関東・静岡のおすすめスポットを紹介

 

 

 

生物カテゴリの最新記事