おすすめのソーシャルレンディング会社の利回りやリスクを比較して紹介

おすすめのソーシャルレンディング会社の利回りやリスクを比較して紹介

ソーシャルは近年注目されてきている投資方法で、ネットを介してお金を貸してその利子で儲けるという投資方法です。
あらかじめ、どのくらいの利回りになるのかがわかっていて、それに加え株のように増えたり減ったりせず、安定して増やすことができるます。

そのため、ソーシャルレンディングは、堅実に投資したい方にお勧めの投資です。
ですが投資であるためリスクはつきものです。

そこで、ソーシャルレンディングのメリットとデメリット、そしてこれから始める方におすすめのソーシャルのサービス会社を、ご紹介していきたいと思います。

 

 

ソーシャルレンディングのシステム、リスクや利回りについて

ソーシャルレンディングとは、簡単に言ってしまえば、ネットでお金を貸すという投資方法です。
そしてお金をその利子で持って、お金を設けるというシステムです。

そのため株などと違ってどのくらいの収益になるかあらかじめ知ることができます。

株などのように価値が下がるといったこともないので低リスクで運用することができます。

 

ここ数年で発展してきた業界で、まだまだ歴史が浅いです。
まだ日本にはソーシャルレンディングの会社が20社ほどしかありません。

私の個人的見解ではこれからもっと発展していく業界かと思っています!

私自身もイチ押しの投資先で現在100万円ほど投資しております。

 

株やFXと比較して安定性が高い

ソーシャルレンディングは、株やFXなどに比べて非常に安定的です。
株やFXはたった1日でも大きく値が動いて、儲かったり損をしたりしますよね。

でもソーシャルレンディングであれば、投資する前から利回りが決まっているため、貸し倒れなどが発生しなければ、予定通りの額を収益として得ることができます。

ただ、実際に利回りが当初の予定より少なくなったり、返金が遅延したりという事は起きています。
もし仮に、貸倒れや遅延に当たってしまっても相当確率の低いことです。

しっかりと分散投資しておけば、安定性は高いです。

また、株やFXなどは下がったときに狼狽売りをしたくなってしまうのが人間の心理です。
初心者にとって株やFXはなかなかハードモードです。

じっくり資産を運用していきたいかたにはソーシャルレンディングがおすすめです。
またソーシャルレンディングは投資先を吟味する必要性もあまりありません。
そもそも法律によって投資先の情報開示が制限されているため、吟味するに値する情報を得ることはできません。

そこで、基本的にはソーシャルレンディング会社の選定と、利回りで案件を決めていくことになるので、非常に初心者向きの投資ということが言えます。

 

ソーシャルレンディングは1万円から投資できる!

ソーシャルレンディングは、1万円から投資できるところが殆どです。
高くても5万円、10万円程度です。

ですので、まとまった資金がなくても十分に分散投資をすることができるのです。

少ない金額で投資できるということから、リスクを抑えることもできます。

 

ソーシャルレンディングは利回りが高い

ソーシャルレンディングの利回りは、大体4%から14%くらいが多いです。
高い利回り中心にに分散投資していけば、平均利回り10%も可能です!

まあそれだけリスクは高くなるのですが…

出来るだけリスクを抑えたい人は、5%程度の低い利回りのものを中心に分散投資させると良いでしょう。

中には、14%の利回りを誇る投資先もあるので、リスクを負ってもガッツリ稼いでいきたいという方も満足できると思います。

 

ソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングで想定されるリスクは大きくわけて3つあります。

  • 貸し倒れ
  • 途中キャンセル不可
  • ソーシャルレンディング会社の倒産

 

日本はどんどん低金利になっていくなか、ソーシャルレンディングはとても高い利子です。
実際は、自分がもらえる利率に加えてソーシャルレンディング会社の利益となる利子を上乗せして、お金を貸しています。
そのため、これより1、2パーセント高い額で貸し付けているのです。
今どき、銀行などからお金を借りればもっと安く借りることができます。
それでもソーシャルレンディングでお金を借りるということは必然的にあまり経営がうまくいっていない会社が多いからと予想することができます。

とはいえ、貸し倒れはほとんど起きてないのが現状です。
ソーシャルレンディング会社によっては貸し倒れゼロの会社もたくさんあります。

ですが貸し倒れについては、分散投資でリスクを軽減出来ます。
いろんなところに分配投資をしておくことで、もし貸し倒れが起こった場合でも、被害を最小限にし、ほかに投資している案件の分配金をもってトータルでは利益を出すことができるのです。

次のリスクとして、ソーシャルレンディングは途中キャンセルができません。

途中キャンセル不可が出来ないと、急にまとまったお金が必要になると困りますよね。
遅延が発生する可能性もありますし、余剰資金でやるということを徹底しましょう。

 

そして一番のリスクがソーシャルレンディング業者の倒産です。
これは最悪の場合、その業者に取り扱って貰っているお金がすべてなくなる可能性があります。

だから、ソーシャルレンディング業者は自分でしっかりと選定し、あやしい業者や経営が危なそうな会社では投資しないようにしましょう。

そこで安心して投資できるソーシャルレンディング企業の選び方とおすすめのソーシャルレンディング会社をランキングで紹介していきたいと思います。

 

おすすめのソーシャルレンディングの選び方

ソーシャルレンディングの選ぶ時に重要になってくるポイントは大きく3つあります。

  • 信頼できるサービス会社であること
  • 案件が低リスクであること
  • 利回りがよいこと

ソーシャルレンディングは比較的リスクの低い投資ですので、やるからには損をしない運用をしたいです。

そのため、運営会社が潰れる危険性が低いということが一番重要です。
運営会社が潰れてしまうと、投資金額が最悪の場合ゼロになる恐れがあります。

そして次に案件が低リスクであることです。

案件のリスクが高すぎると、貸し倒れや延滞が発生する可能性が高くなるのでこちらも気を付けてください。

 

そして、最後に重要なのが利回りです。
できるだけリスクが低く利回りが高い案件を選んで投資するのがポイントです。

また、長期間の投資は控えたほうがいいと思います。
二年後とかに投資した先がどうなっているかはほんとにわからないですよね。

同じ利回りでもできるだけ短い期間のほうが、低リスクで投資することができます。

ソーシャルレンディングをランキングで比較

先ほど紹介した選び方のポイントに従って、ソーシャルレンディング会社をランキングで比較してみました。

 

  サービス名

平均
利回り

リスク 成立ローン総額


5%

非常に低い

20億円以上


クラウドバンク

7%

低い 180億円以上


【クラウドクレジット】

10%

20億以上
4位 maneo

8%

1000億以上
5位 トラストレンディング 10% 82億以上
圏外 グリーンインフラレンディング 12% 高い 67億以上

 

 

オススメのソーシャルレンディング

 

オーナーズブック

OwnersBook は不動産を扱う、ソーシャルレンディング会社です。
運営会社である、ロードキャピタルは東証マザーズに上場しています。

不動産を扱っているものはそれ自体を担保にしているところが多いので、ほかの案件に比べてリスクが低いです。
利回りは5%前後がほとんどと低めですが、リスク度としては一番低いのがオーナーズブックであると私は思っております。

 

唯一の欠点といえば人気すぎることです。
オーナーズブック以外ですと、ラッキーバンクなどが不動産担保でソーシャルレンディングをしていますが、こちらはさらに人気が高く募集がかかってからわずか数分でお金が集まり、募集が終わってしまうのです。

オーナーズブックはそこまでではありませんが、1時間ほどで埋まってしまうことが多いです。
資金を投資できない期間が長いとと結局利回りが悪くなってしまうので、注意が必要です。

1週間に一案件ぐらいしかないので、募集開始の時間を確認して、事前に資金を振込んでおく必要があるでしょう。
最近は案件が徐々に増えてきて投資しやすくなっています。それでもやはり人気が高いので、募集開始前にログインしてスタンバっておくのがおすすめです。

とにかく他のソーシャルレンディングサービスより安心感があるので、とりあえず初心者の方は登録だけでもしておくのがおすすめです。

登録はこちらから↓

↓かしぱんの投資実績はこちら
オーナーズブックの投資実績を紹介

 

クラウドバンク

クラウドバンク は私がイチ押しする会社です。

日本で初めて第1種金融商品取引業社としてソーシャル‎レンディングに取り組んだ企業です。
着実に取扱投資額を増やしており、順調に成長している企業です。
横浜市と協定を結んでおり、こちらも安心材料となりますね。

利回りは、6~8%位の案件が多く魅力的です。

クラウドバンクの案件の主体は、再生可能エネルギーです。
私は環境系の仕事をしているため、再生可能エネルギーにも興味を持っています。

このような案件は、社会貢献にも繋がると思っており、これからもっと投資額を増やしていきたいと思っています。

ちょっと投資先が少ないのがデメリットではありますが、オーナーズブックと併せて登録して分散投資を図るのがいい投資方法だと思います。

 

↓かしぱんの投資実績はこちら
クラウドバンクの評判と私の投資実績を紹介!

 

 

クラウドクレジット

【クラウドクレジット】 は海外の不動産や企業・団体の案件に特化したソーシャルレンディング会社です。
クラウドクレジットの良さは利回りです。
私も平均利回り10%ぐらいで運用する事が出来ています。

利回りが高いぶん、リスクもそれなりに高くなります。
実際過去にペルー案件で延滞が発生してます。

もともと非常にリスクが高いということがホームページで説明されておりました。こういった案件には投資しないほうがいいです。
クラウドクレジットの案件紹介は非常にわかりやすいので、しっかりチェックしリスクが高すぎるものについては、投資を見送りましょう。

また、海外の案件ということで為替リスクも発生します。
為替ですので損をする時もあれば逆に得をする時もあります。
案件によっては投資額の1%で為替リスクヘッジを付けることが出来、為替の変動に左右されずに取引することが出来ます。

ただ、ユーロやドルなどのメジャーな通貨であればそこまで大きく変動することは無いですのであまり気にしなくても大丈夫です。
マイナー通貨ですと為替のせいで、結果的に元手が減ることも可能として考えられますので、注意が必要となります。

クラウドクレジットは比較的ハイリスクハイリターンのソーシャルレンディングと言えるでしょう。
利回りを重視するなら一番おすすめの投資先です!

↓かしぱんの投資実績はこちら
クラウドクレジットの評判と、投資してみた実績を紹介

 

 maneo

maneoはソーシャルレンディング業界大手の会社です。
maneoの売りは、とこれまでの実績でしょう。

取引額はナンバーワンです。

また、GMOクリックホールディングスをはじ めとする様々な企業から、出資を受けています。
大手企業の後ろ盾があるというのも安心材料の一部です。

案件の平均利回りは8%です。
扱っている案件は、不動産、中小企業、海外ローン案件、再生可能エネルギーと非常に幅広く案件が多いのが特徴です。

 

しかし、顧客にランク付けをしており、ランクによって投資できる案件が決まっています。
投資額でランク付けされており、下から2番目のランクになるにも100万円以上の投資が必要となります。
ランクが低いと高利回りの案件に投資できないというのがmaneoの唯一の難点ですね。
ランクが一番下のスタンダードですと利回りは5%くらいになってしまうでしょう。

ただ最近では高利回りの案件も増えてきています。

ですが、先日maneoグループのグリーンインフラレンディングで事業者リスクが発生しました。
これによりちょっとmaneo事態の信用も落ちたかと思います。

となると、上位3社に投資するのが安定で無難な投資先になると思います。

 

↓かしぱんの投資実績こちら
マネオってどうなの?気になる評判と投資実績

 

トラストレンディング

トラストレンディングは、エーアイトラスト株式会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

トラストレンディングは現在、燃料卸売事業、船舶事業などに投資することができます。
担保や保障も1部ついているので比較的安心して投資できる案件です。

利回りも高く、11%ほどです。
ですが、投資期間が比較的長い案件が多いことと、最低投資金額が高いことがデメリットです。

特に最低投資金額は10万円~と高く設定されているので、現状投資するメリットはそれほど高くないかと思います。

 

グリーンインフラレンディング(圏外)

グリーンインフラレンディングは現在事業者リスクにより案件受付停止、新規登録も停止中となっております。
グリーンインフラレンディングがこういう事態になったため、高利回りの案件はやはりハイリスクだと思います。またmaneoグループだからと言って安心はできないということを感じました。

グリーンインフラレンディングは再生可能エネルギーに特化したソーシャルレンディングです。
最大手のmaneoのグールプの会社になるため、安心感はありますね。

グリーンインフラレンディングの強みは利回りの高さです。
日本のソーシャルレンディングの中では平均利回りはトップでしょう。

11~13%の利回りが多く、二桁利回りの案件は見かけません。

また、再生可能エネルギーに特化しているのはいいですね。
投資のし甲斐があります。

ですが、
利回りが高い=リスクが高い
これは基本的にどんな投資にも当てはまります。
投資はハイリスクハイリターンなのです。

また、グリーンインフラレンディングは歴史が浅いため、これからどうなっていくか先行き不透明感があるかと思います。
ですので、自己責任で額を考え投資しましょう。

私のように、再生可能エネルギーに興味がある人は一緒にガンガン投資して、環境保全に貢献しましょう。

↓かしぱんの投資実績はこちら
グリーンインフラレンディングって評判は?実績と合わせて紹介

 

ソーシャルレンディングは上位3社に分散投資!

おすすめのソーシャルレンディングを紹介してきましたが、結論を言うと、オーナーズブック、クラウドバンク、クラウドクレジットの3社に分散投資するのが一番おすすめです。
maneoも業界最大手でおすすめの投資先でしたが、グリーンインフラレンディングの一件で信用も下がってしまったので、現時点で投資先には上げるメリットはないと思います。
メリットよりリスクのほうが高いと思っています。

とりあえず登録だけなら無料ですので、それから投資するかどうか考えるのがおすすめです。

一つの会社に集中投資するとその事業者に問題が発生した時に非常に危険です。
なので一社だけに投資するのは高リスクだから辞めたほうがいいです。

また高利回りにとらわれすぎるのも危険なため、いろんな利回りのところにきっちり分散投資していきましょう。

これ以外の会社でも自分でよいと感じた会社には積極的に投資していくとよいでしょう。
実際に私が投資している実績も記事にしてまとめているので、参考にしてみてください。
【関連記事】【運用実績公開】ソーシャルレンディングなら投資初心者でも低リスクで儲かる!!

皆さんで投資して、一緒にソーシャルレンディングを盛り上げていきましょう。

 

 

 

投資カテゴリの最新記事