eco検定の試験内容や難易度、テキスト、合格するための勉強方法を紹介!

eco検定の試験内容や難易度、テキスト、合格するための勉強方法を紹介!

eco検定は近年、環境意識の高まりとともに、注目されてきている環境の基礎的知識を測るための資格です。

本記事ではeco検定の試験内容やテキスト、合格するための勉強方法を紹介していきます。

 

 

eco検定とは

東京商工会議所が主催する資格で、環境社会検定試験と呼ばれることもあります。

環境への関心が高まる中、多くの製品やサービスが環境に配慮されたものになってきました。
企業でもCSR活動やISOなど環境に配慮する活動が多くみられるようになりました。

そこで複雑化・多様化する環境問題に対処する力を身に付けるために、様々な業種や職種の方に受験してもらえるように作られた入門資格がeco検定です。

2006に試験を開始して以来、これまでに40万人以上の方々が受験してきました。
その中で約25万人が試験に合格して、eco検定を取得しています。

 

eco検定はこんな人におすすめ!

eco検定を是非受けていただきたいのは以下のような方々です。

  • 社内の環境系部門、ISO・CSR担当の方
  • 環境教育などに携わっている方
  • 環境系の進学・就職を考えている方
  • 環境系のボランティアに携わっている方

主にこのようなポジションの方々におすすめの資格となります。

特に社内の環境CSR・ISO担当の方にはとても重宝する資格です。
eco検定を持っていると社外から見た時に、ちゃんと有資格者が担当して環境に配慮して事業を行っているということをアピールできて評価につながります。

近年では環境にやさしい企業が国や地方自治体に表彰されたりすることもあるため、環境と関係のない業界においても、環境については十分な配慮をしなければならない時代になっています。

だから、eco検定が評価されてきているのです。

 

ですが、幅広い業界の方向けの入門向けの資格ということもあり、環境事業を生業としている方々にはあまり向いていない資格かもしれません。

環境への意欲・興味関心をアピールするのには、取っておいて損はない資格だと思います。

 

eco検定は進学や就職に有利!

eco検定は総合的な環境の学習につながることから、eco検定の合格により単位を認めている大学もあります。

企業が環境への影響を気にし始めている現代社会では、eco検定の需要はどんどん高まっていくと考えられます。
eco検定をの取得を支援している会社も多く見受けられるため、就職においても優位に働くことでしょう。

 

eco検定の試験内容と難易度

eco検定の試験内容は大きく4つの項目に分かれます。

  • 地球の基礎知識
  • 環境問題
  • 持続可能な社会に向けたアプローチ
  • 各団体・企業の役割と活動

出題の量としてはやはり環境問題が多いです。

問題形式はマークテスト方式で4択となっています。
100点満点で70点以上を取れれば、合格となります。

 

難易度は入門ということもあり、比較的易しいです。
合格率は5割~6割程度となっています。

常識的な問題もあるので、環境に詳しい方であればほとんど勉強しなくても合格できるかもしれません。
とはいえ、ぶっつけ本番は怖いですからしっかりと勉強しておくことをお勧めします。

 

eco検定のおすすめ問題集と勉強方法

eco検定の公式過去問題集です。
三年間分の過去問に加え、模擬問題2回分が収録されている問題集です。

基本はこの問題集をひたすらやり込んでいくのがおすすめです。
5回分の問題を解けば、傾向もしっかりつかむことができ、対策はばっちりです。

 

 

こちらはeco検定の公式テキストです。
過去問でわからなかった問題を調べるのに使ったり、過去問だけじゃ足りない知識を補填するのに役立ちます。

過去問に加えて、公式テキストを読み込んでおけば、間違いないです。

 

 

勉強時間がなかなか取れない方におすすめなのが、eco検定ポイント集中レッスンです。

eco検定の問題の中でもよく出る重要な部分に絞って勉強することができます。
過去問に対する解説も充実しているので理解しやすいです。

 

eco検定の勉強方法

eco検定の勉強方法は非常にシンプルで、過去問題集をやるのが手っ取り早いです。
とはいえ、問題集だけではちょっと心もとないですので、これに加えて公式テキストも読み込んでおくのがおすすめです。

過去問と同じ問題や、過去問の知識で解ける問題が多く出題される傾向があります。

過去問は一回だけでなく、2,3回やり込んで覚えてしまうのがおすすめです。

また、環境に関する時事的な問題も出題されるので、日頃からニュースなどをみて情報を仕入れておくのがおすすめです。

 

しっかりと対策をして一発で合格できるように頑張りましょう。

 

資格カテゴリの最新記事