双眼鏡の選び方とバードウォッチング・コンサートなど用途別でおすすめの双眼鏡10選

双眼鏡の選び方とバードウォッチング・コンサートなど用途別でおすすめの双眼鏡10選

コンサートに行ったり、バードウォッチングに行ったりするときは、一つは必ず双眼鏡を持っておきたいですよね。

でも双眼鏡の知識なんかない人がほとんどです。

そこで初心者の方にもわかりやすい双眼鏡の選び方とコンサートやバードウォッチング、星空観察といったそれぞれのシーン別でのおすすめ双眼鏡を紹介していきたいと思います。

 

 

 

おすすめの双眼鏡の選び方

双眼鏡を初めて買うときは選ぶポイントが多いし、専門用語もあって初心者にはなかなか難しいです。
そこで双眼鏡を選ぶ上で大切なポイントや用語を解説していきます。

シーンにあった最適の倍率を選ぼう

双眼鏡で一番大切なのは倍率です。
倍率があっていないとせっかくいい双眼鏡を買ったのにいまいち使いにくいということになってしまします。

倍率は双眼鏡で覗いた像がどれだけ大きく見えるかというのを表しているものです。
例えば100メートル離れた位置のものを10倍の双眼鏡で覗いたとき、それは10メートル離れた位置から見た時と同じ大きさに見ることができるのです。

ときどき倍率は高いほうがいいと勘違いしている方もいますがそれは間違いです。

倍率は大きくなればなるほど視野が狭くなります。
また手ぶれもしやすくなり見づらくなってしまいます。

倍率は2倍から20倍ぐらいのものが売られているのを見かけることが多いです。
最近では高価な双眼鏡を買うと手振れ補正がついており、高い倍率でも手ぶれを補正してくれるためストレスなく除くことができるものもあります。

ですが、一般的な双眼鏡ですと、10倍ぐらいから手ぶれを起こすようになり、観察しづらくなってしまいます。

 

コンサート・スポーツ観戦のおすすめ倍率

コンサートやスポーツ観戦では2倍から8倍くらいの双眼鏡がおすすめです。

コンサートなどでは部隊までの距離によって大きく変わってきます。
小さい舞台でしたら2倍程度でも十分楽しめることができます。

舞台を広く見たいという方は2倍、役者や選手の顔までくっきり見たいという方は、8倍の双眼鏡がおすすめです。

 

バードウォッチングのおすすめ倍率

バードウォッチングにおすすめの倍率は8倍~10倍です。

10倍のほうが、もちろん大きく見ることができます。
ですが、10倍ですと8倍に比べ手ブレしやすいというデメリットがあります。

他にも10倍ですとちょっと視界が狭くなり、肉眼で見つけた鳥を双眼鏡の視野の中に入れるのが難しいというデメリットがあります。
また、せっかく鳥を見つけてもレンズの視界に入れる前に飛んで逃げちゃったなんてこともあります。

なのでおすすめは8倍の双眼鏡です。

 

対物レンズ有効径と明るさ

対物レンズの有効径が大きくなればなるほど、双眼鏡に入ってくる光が多くなるので、のぞいた時に明るく見ることができます。

しかも解像度も上がってよりクリアにはっきりと見ることができます。

天体観測などで双眼鏡を使いたいときは、より有効径が大きい双眼鏡を選ぶとよいでしょう。
いい双眼鏡になると、肉眼で見た時より明るく星がたくさん見ることのできるものもあります。

 

ですが、有効径が大きくなればその分双眼鏡の大きさも大きくなるので、持ち運びや使いやすさも考慮する必要があります。

 

視界はできるだけ広いほうがいい

双眼鏡の視界の表し方には大きく2つ種類があります

実視界

実視界とは双眼鏡を動かさずに見ることができる範囲を対物レンズの中心から測った角度のことを言います。

角度が大きくなればなるほど視界が広くなります。

倍率が大きくなるほど実視界は小さくなっていきます。
なので、倍率の違う双眼鏡とでは比較することはできません。

 

見かけ視界

見かけ視界とは実視界に倍率をかけたものです。
見かけ視界=実視界×倍率

双眼鏡を使用した時とおなじ大きさに肉眼で見える距離での視界を表しています。
そのため倍率が違う双眼鏡と比較したいときはこちらの値を参考にしましょう。

 

防水防滴性能がついてる双眼鏡がおすすめ

双眼鏡は野外で使用することが多いですよね。
とくにバードウォッチングなどでは山などのシーンで使うことも多いと思います。

そんな方には防水防滴は必須です。

水に濡らしたりしないから大丈夫!って思っている方は要注意です。

防水機能がついていない双眼鏡ですと、湿度の高い環境や急な温度変化により、双眼鏡の中が湿ったり結露が起きてしまったりしてしまいます。

そうなると最悪の場合カビが生えてしまい双眼鏡が見えずらくなってしまうのです。
一度カビが生えてしまうと取り除くのはほぼ不可能です。

ですが、防水機能がついている双眼鏡であればそのような心配もなく、メンテナンスの手間も楽で長く双眼鏡を使うことができるのです。

双眼鏡を永く愛用していくためにも、防水機能のある双眼鏡を選ぶのがおすすめです。

 

マルチコート

双眼鏡の中の光はレンズやプリズムを通って人の目に入ってきます。
光はレンズやプリズムによって反射されてしまうため、すべての光が入ってくるわけではありません。

そこで光の反射を防いでくれるのがマルチコートと呼ばれる膜構造です。
マルチコートは通常3層ぐらいのものが多いです。

層が多くなればなるほど、光の反射を防ぐ効果が高くなり、より明るく見えるようになります。

 

アイレリーフ

アイレリーフはレンズから目までの距離がどのくらい離れてもはっきり見ることができるかを表した数値です。

つまりは、眼鏡をかけたままでもきちんと使うことができるかどうかを表しています。

アイレリーフが15㎜以上であれば眼鏡をかけたままでも問題なく使用することができるので、眼鏡をかけている方は選ぶ際に注意してください。

 

シーン別おすすめの双眼鏡10選

バードウォッチングにおすすめの双眼鏡4選

バードウォッチングは野外で使うことが多いので、防水防滴は必須です!
鳥はなかなか近づけるものではないので、倍率は8倍もしくは10倍のものがおすすめです。

 

 

Kowa 双眼鏡 ダハプリズム式 8倍32口径

ズーム倍率  8倍
レンズ有効径 32㎜
実視界    7.8
防水

 

KOWAのダハプリズム式の双眼鏡です。
この双眼鏡はなんといっても視界の広さが特徴です。
際まできれいに見えて、この性能にしては値段も非常にリーズナブルです。

バードウォッチング初心者であればこの双眼鏡で決まりです!!

 

SWAROVSKI (スワロフスキー) 双眼鏡 CL POCKET 8×25

ズーム倍率  8倍
レンズ有効径 25㎜
実視界    6.8
防水

皆さんも耳にしたことはあるであろうメーカー、スワロフスキーの双眼鏡です。
お値段はお高いですが、バードウォッチングを本格的にやっていく方はスワロフスキーの双眼鏡がおすすめです。
コンパクトながらも非常に解像度が高く、きれいに見える双眼鏡です。

 

Nikon 双眼鏡 プロスタッフ 5 10X42 ダハプリズム

ズーム倍率  10倍
レンズ有効径 42㎜
実視界    5.6
防水

Nikonのアウトドア用の双眼鏡のエントリー機です。

こちらは倍率が10倍なのでより大きく野鳥を観察したい方におすすめの双眼鏡です。

 

 

OLYMPUS 双眼鏡 8X40 DPS I

ズーム倍率  8倍
レンズ有効径 42㎜
実視界    8.2

オリンパスのビギナー用の双眼鏡です。
防水機能はないものの視野が広く使いやすいのが特徴です。

今までに紹介していたものに比べると解像度が劣りますが、その分安い双眼鏡です。

 

コンサートやスポーツ観戦におすすめの双眼鏡3選

双眼鏡 コンサート コーワ YF30-6 6×30 6倍 30mm

ズーム倍率  6倍
レンズ有効径 30㎜
実視界    8.0

Kowaのコンサート用の双眼鏡です。
お値段も1万円しません!
予算内であればこちらの双眼鏡の購入をお勧めします。

 

SIGHTRON 双眼鏡 ポロプリズム 5倍20mm口径 SAFARI

ズーム倍率  5倍
レンズ有効径 20㎜
実視界    10.2

5倍ズームで比較的高視野で見ることのできる双眼鏡です。
値段もお手頃です。
最短焦点距離も2mと短いので汎用性の高い双眼鏡です。

 

Nikon 双眼鏡 アキュロンT01 8×21 ダハプリズム式

ズーム倍率  8倍
レンズ有効径 21㎜

Nikonのコンパクトで安価な双眼鏡です。
8倍のズームで人の顔までしっかりと見ることができます。
値段は安いですが解像度は悪くないので、予算がない方にはおすすめの双眼鏡です。

 

星空・天体観測におすすめの双眼鏡3選

Vixen 双眼鏡 星座観察用双眼鏡 SGシリーズ SG2.1×42

ズーム倍率  2.1倍
レンズ有効径 42㎜

Vixenの非常に明るい双眼鏡です。
肉眼で星を見るより、明るくて多くの星を見ることができます。
倍率は2.1倍で視野が広く、天の川などを見るのに適しています。

 

SIGHTRON 星空観測用 オペラグラス Stella Scan 2X40 B400

ズーム倍率  2.0倍
レンズ有効径 40㎜

ひとつ前に紹介したVixenと似たようなタイプの双眼鏡です。
Vixenのほうが解像度は優れています。
ですが、こちらのSIGHTRONの双眼鏡のほうがリーズナブルでコストパフォーマンスがよいです。

 

MIZAR(ミザールテック) 双眼鏡 11倍 70mm 口径 ポロプリズム

ズーム倍率  11倍
レンズ有効径 70㎜

マイナーではありますが非常に優れた双眼鏡です。
11倍ズームで70㎜口径という視野の広さで、値段もお手頃の双眼鏡です。
この双眼鏡であれば月のクレーターもくっきりと見ることができます。

カメラカテゴリの最新記事