革靴にカビが生えてしまった時はエタノールで対処しよう!

スポンサーリンク

湿気の多い時期に、靴箱にしまったままにしていると、革靴にいつの間にかカビが生えてしまった·····

そんなカビが生えてしまった革靴を綺麗にするにはエタノールがオススメです。

それでは、エタノールによる具体的な対処方法を紹介していきたいと思います。

 

靴にカビが生えてしまったらエタノールがおすすめ

靴にカビが生えてきてしまったらエタノールで対処するのがおすすめです。

まず、靴にカビが生えてきてしまった時の対処方法を順序だてて説明していきたいと思います。

1. 乾いた布で拭く

まず、靴にカビが生えてきてしまった時は、最初に乾いた布で拭いて綺麗にしましょう。
ちょうどいい布がない場合はティッシュでもOKです。

ポイントはゴシゴシと強めに拭くことです。
ここでできる限りのカビを取り除いてしまいましょう。

カビはあまり人体によくないです。作業するときはカビの胞子がまき散る可能性があるので、マスクをして外で作業するのがいいです。

乾いた布でできるだけカビを落としたら第一段階は終了です。
布は袋に包んで捨てちゃったほうがいいです。

2.エタノールで拭く

ここで登場するのがエタノールです。

エタノールは無水エタノールが一番ベストなのですが、70%ぐらいの消毒用エタノールでも大丈夫です。無水エタノールはちょっと値段が高いので、普通の消毒用エタノールで十分だと思います。

布やティッシュなどにエタノールをしみこませたら、靴全体を優しく拭いてください。
革の素材によっては、色落ちしてしまう場合もありますので、一度目立たないところを吹いてみて確認しておくのがよいです。

水などで拭いて綺麗にしてしまうのはぜったいNGです。
水で拭いてしまうと表面上はカビは見えなくなりますが、カビの根っこは残っている状態です。
これでは、カビに水分という栄養を与えただけになってしまうので、かえって逆効果です。少し時間がたつとまたカビが生えてきてしまいます。

エタノールで拭くことによって靴を除菌することができます。エタノールは揮発性が非常に高いので拭いた後にすぐ乾燥してくれます。よってカビの繁殖を食い止める効果があります。

そして、エタノールで拭き終わったら日陰で2~3日しっかりと陰干ししてください。

3.革靴用のクリームで普段通りのお手入れを

エタノールで拭いてからしっかりと乾燥させたら、革靴用のクリームで普段通りのお手入れをしてあげます。

エタノールは油と親和性が高いので、靴の油分もふき取ってしまった状態になっています。
普段よりも丁寧にクリームを塗ってあげるのがポイントです。

エタノールで拭いた後に、お手入れを怠ってしまうと、革に油分が足りなくて乾燥してしまいます。そうするとひび割れの芸人にもなってしまうのでしっかり手入れをしてあげましょう。

普段通りのお手入れが終わったら、再度1日程度陰干しで乾燥させます。

4.防水スプレーでカビを防止

最後に靴全体に靴用の防水スプレーをかけてカビが生えるのを防止しておくのがおすすめです。

靴全体がしっとり濡れるようにムラなくスプレーしてあげます。
防水スプレーをかけると、革の繊維が湿気を吸いにくくなってカビが生えにくくなります。

また防水スプレーはほこりなどの汚れが付きにくくする効果もありますので、カビが生えにくくなります。

防水スプレーをかけたら、また影をしをしてあげれば、次の日には普段通り履けるようになります。

 

カビが生える原因

靴にカビが生える原因は、湿度と温度とほこりや汗などの汚れです。

カビが生えやすい条件としては、湿度が80%以上で、室温が25度~28度の条件です。
つまり一番危険なのは梅雨の時期です。

そしてそこに汗やほこりといったカビの栄養になるものがあると、すぐにカビが生えてきてしまいます。

革靴は結構カビが生えやすいのでしっかりと対策をしてカビが生えること自体を防止するのがおすすめです。

 

革靴にカビが生えるのを防止する方法

カビが生えてしまうのを防止するにはまず保管場所をしっかり管理するのが重要です。

靴箱などの湿度を管理しておくだけでもカビが生えにくくなります。

履いた後の靴をすぐしまわない

履いた後の靴は汗などによって湿気を含んでいる状態で、カビが生えやすい条件がすでに揃っています。

この状態の靴を靴箱などの密閉された通気性の悪い場所にしまってしまうと、ほぼ間違いなくカビが生えます。

履いた後の靴は最低1日はしっかり乾燥させてからしまうようにしましょう。

靴にほこりがついたまま放置しない

靴にほこりや汚れがついている状態も非常にカビが生えやすいです。

そこで定期的に靴はクリームで拭いてほこりを撮ってあげるお手入れが必要です。
革靴を長持ちさせるためにもしっかりとお手入れをしてあげましょう。

外から帰ってきた時も、毎回ブラッシングをしてほこりを落としておくだけでも全然違います。

靴箱の除菌・除湿を徹底する

なにも対策をしていない靴箱というのはそれだけでカビの温床です。

そこにカビがはえやすい革靴をしまって、結果カビが生えてしまうというのは、もはや必然なのです。
そこで靴箱の除菌除湿をする必要があります。

まず始めに靴箱から靴を全部出します。
そしてエタノールで靴箱を掃除します。エタノールを含ませた雑巾でからぶきをしてあげれば靴箱の除菌と除湿をいっぺんに行うことができます。

定期的にエタノールで拭いてあげることでカビが生えにくい状況を作ることができます。

エタノールで拭いた後はしっかりと乾燥させます。

そして最後に水とりぞうさんなどの除湿剤を設置して作業終了です。
これでさっきまでとは格段にカビが生えにくい状況にすることができます。

梅雨の時期に入る前にしっかりと対策をして革靴にカビが生えてしまうのを防止しておきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました