会社の企業型DCとiDeCoを比較してみたらデメリットしか無かった件について

投資

こんにちは、かしぱんです。

企業型確定拠出年金(DC)、近年採用する会社が増えてきてますよね。私も転職をきっかけに企業型DCをすることになりました。

でもこれうちの会社に限っては、蓋を開けてみたら、全然ありがたい制度じゃなかったのです。

個人型のiDeCoと比較して紹介していきたいと思います!

 

積立金額が少なすぎる!

まず一番の問題です。

毎月の積立金額ですが、たったの8000円です。社員のグレードによって積立金額は上昇してくのですが、最高でも1万6千円…

ネットを見ると月5万5千円上限で積み立てられるはずなのですが、なぜだかそれが出来ません。

これが最大のデメリットで、これだけだと全然節税対策にならないんですよね。

塵も積もれば山となるとはいいますが、普通の個人型なら2万3千円まで積立てられるんですけどね。

 

加えて、iDeCoとの併用が出来ない上に、強制加入

本来なら企業型確定拠出年金に入ってても、個人型のiDeCoにも入ることが出来て2万円上限で積み立てられるのが一般的です。

でも、企業型DCの仕組みによってはそれがNGのようで…

うちの会社の企業型DCの説明書には、個人型との併用ができませんと明記されてました(._.”Ⅱ)

それで極めつけが、これ強制加入なんですよね。

というのも、この月々の積立8000円は、会社が全部出してくれてるんです。だから、やらないという選択肢はないんです。

なんだ、8000円くれるならいいじゃんって思うかもしれませんが、これって退職金の一部みたいなもんなんですよね。

それを企業型DCとして積み立ててるんです。

税金対策になるから、確かにやらないよりはマシだけど、これならiDeCoを個人でやった方が良さそです。

 

ろくな金融商品がない!

このデメリットに関しては、どこの会社も同じみたいですね。

企業型DCって、企業が金融機関を設定してるので、自分で好きな投資信託とかを選べないんです。

そうすると何が起きるかと言うと、ぼったくりの投資信託がラインナップに並びます。

企業側の担当者も投資信託については無知の人なんでしょうかね。

付き合いのある金融機関の言いなりと化しています。

どれもこれも、信託報酬が高すぎるんです。いつの時代の投資信託だよみたいな、時代遅れのぼったくり商品が並んでます。

私も悩んだ末に外国株式インデックスに全額突っ込むことにしましたが、これの信託報酬が0.6%でした(笑)

個人でやるならこんなの絶対買わないですよね。だって、楽天のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)なら、信託報酬が約0.09%です。

ほかにもアクティブファンドや日本株のインデックスなど、6つぐらいのラインナップがありましたが、正直どれも残念です。

金融機関にカモられてる気がしてムカつきます(笑)

 

最後に一つだけメリットを上げるとすれば、退職金の差し押さえが出来るという点ですね。今のうちから毎月積立てるので、業績が悪化して退職金が激減みたい事にはなりません。

少なくとも既に積み立ててもらってる企業型DCは私のお財布に入ってくるので、これはそれなりにいいメリットだと思います!

でもやっぱ、デメリットが多いですよね。近いうちに改善されるといいなーと思いながら、仕方なく積立ておくことにします。まあこれでも長期で見ればプラスになってくれると思ってます。

またそのうち、企業型DCの成果についても報告したいと思います!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました