キャノンの高性能Lレンズのおすすめ5選、だれでも簡単に綺麗な写真が撮れる!

キャノンの高性能Lレンズのおすすめ5選、だれでも簡単に綺麗な写真が撮れる!

キャノンのレンズラインナップにはLレンズと呼ばれる、レンズのボディに赤や緑のラインが入ったレンズがあります。

これらのレンズは高性能レンズで、普通のレンズに比べると高額になります。
ですが、普通のレンズより断然きれいな写真が撮れます。

そんなキャノンの高性能レンズのおすすめを紹介していきたいと思います。

 

 

キャノンのLレンズとは

Lレンズはプロ・マニア向けに作られた高級レンズ

キャノンのLレンズは、プロマニア向けに作られた高級レンズです。
Lレンズの特徴はレンズのボディに赤や緑のラインが入っていることです。

赤や緑のラインが入っているレンズを使っている人を見かけたら、相当カメラに入れ込んでるんだなと思ってください。

 

Lレンズは使うだけで差がつくので初心者にもおすすめ

キャノンのLレンズはただのブランドではありません。

レンズの性能が非常に高いのです。
画質や解像度だけでなく、手振れ補正やオートフォーカスといったすべての性能において、無印の普通の純正レンズを圧倒的に上回る性能を持っています。

なので、初心者でもLレンズを使えば簡単にきれいな写真を撮ることができます。

単純な性能が高い分簡単にぼかしたりすることができるので、むしろ初心者にこそおすすめのレンズと言ってもいいかもしれません。

その分値段は高くなりますが、性能はピカイチです。

普通のレンズを使った場合とでは、圧倒的な差がつくこと間違いなしです。

 

 

標準ズームでおすすめのLレンズ

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM

焦点距離24-105mmの標準ズームLレンズです。

最小F値は4通しで、広角端でも望遠端でも安定した解像度で撮影できるのが魅力です。
また24-105mmという広域から中望遠までと非常に広い範囲の画角をカバーしているので、非常に汎用性の高いレンズです。

これ一本持っているだけで、基本的な写真はすべてしかも高画質・解像度で撮影できちゃう優れものです。

 

 

Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F2.8L II USM フルサイズ対応

焦点距離24-70mmの標準ズームLレンズです。

先ほど紹介したレンズに比べより高画質・高解像度で撮影できるレンズです。
望遠端は70mmと少し短くなるものの、最小がF2.8と先ほどのレンズより明るくなります。

なので暗いところでの撮影やより綺麗にぼかした写真を撮影することができます。
星空撮影をこなすことができます。

若干汎用性は落ち、値段も高くなりますが、性能面でこちらのほうがおすすめしたいです。
標準ズームのLレンズの中ではこちらが一番おすすめです。

 

 

望遠レンズでおすすめのLレンズ

Canon 望遠ズームLレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

新しく発売されましたキャノンの100-400㎜のLレンズです。

ひとつ前のバージョンの時でも、素晴らしい性能だった画質がさらに良くなりました。
そして一番の変わったのはオートフォーカスがめちゃめちゃ早くなったことです。

これならスポーツや野鳥の素早い動きにもオートフォーカスでバッチリピントを合わせて撮ることができます。
私も実際に仕事で使用していますが、鳥が飛んでいる瞬間を簡単にオートフォーカスで撮影できます。
昔のレンズであれば、飛んでいる瞬間を撮ろうとするとあらかじめ置きピンをしなければなりませんでした。
鳥が飛んできそうなところでピントを合わせておいて、ひたすら待つというのが主流でした。

ですがこのレンズのオートフォーカス性能であれば、飛んでいる瞬間も簡単に撮影できるのです。

400㎜のレンズにしては小さめで、手振れ補正もしっかりついているため、手持ちでの撮影も難なくこなすことができるのが魅力です。

100-400mmのズームレンズのため、非常に汎用性が高いレンズです。
広域端と望遠端のどちら側で撮影しても画質が甘くならず、パフォーマンスはほとんど変わりません。
そのため、このレンズ一本で中望遠から超望遠まで楽しむことのできるレンズです。

キャノンユーザーには一番おすすめしたい望遠レンズです。

 

 

Canon 単焦点超望遠Lレンズ EF400mm F5.6L USM フルサイズ対応

こちらも400mmの単焦点超望遠Lレンズです。
性能的には先ほど紹介したEF100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMと同じくらいの性能です。

こちらは単焦点レンズになるので、汎用性が低くなるため選ぶのであればEF100-400mmのレンズのほうがおすすめです。

ですがこのレンズは非常に安いです!
上のレンズの半額ぐらいの値段で購入することができます。

レンズも軽くて使い勝手がよいので、安い超望遠レンズを使いたい方にはおすすめの一本です。

 

 

広角レンズでおすすめのLレンズ

Canon 広角ズームLレンズ EF16-35mm F2.8L Ⅲ USM

赤いリングの入ったCanonの高級な広角Lレンズです。

純粋に1番きれいな写真の撮れる広角レンズです。
広角レンズとしてはトップ性能を誇るレンズです。

16-35mmで広角から標準域までカバーしていて、非常に使いやすい画角です。

 

 

 

Canon 単焦点広角Lレンズ EF24mm F1.4L II USM

こちらのレンズはF1.4と非常に明るい広角Lレンズです。
F値が低い方がISO感度を下げて撮影することが出来るので、オススメです。

単焦点のため、先ほどのレンズに比べるとカバー範囲は狭くなってしまいますが、特筆すべきはF1.4という圧倒的な明るさです。

単純な風景写真だけでなく、夜景や星空撮影をしたい方はこちらのレンズを購入することをおすすめします。

 

 

マクロレンズでおすすめのLレンズ

Canon 100㎜ F2.8 マクロLレンズ

Canonの赤い線が入った高級Lマクロレンズです。
高級マクロレンズであれば、こちらのレンズ一択になるかと思います。
マクロレンズの中では画質・解像度で右に出るレンズはありません。

焦点距離が100㎜と中望遠になっていて、近づきにくい、近づくことができない被写体も撮影することができるマクロレンズです。

手ぶれ補正なども備わっていて、性能としては申し分ないです。

 

魚眼レンズでおすすめのLレンズ

Canon 超広角ズームレンズ EF8-15mm F4L フィッシュアイ

超広角の魚眼ズームレンズです。

使い方は広角ズームレンズのように風景撮影などに適しています。
ただ魚眼レンズなので、非常にゆがんだ味のある写真を撮ることができます。

画質解像度も非常に高いので、より壮大な風景を撮影できるのが魅力です。