キャノンのフルサイズ機対応で高画質なおすすめレンズ

NO IMAGE

一眼レフ用の交換レンズは、APS-C専用のレンズとフルサイズ機対応のレンズがあります。

フルサイズ機対応のレンズはAPS-Cサイズ機と、フルサイズ機両方で使うことができますが、APS-Cサイズ専用のレンズはフルサイズ機では使用することができません。

本記事ではキャノンのフルサイズ機にも対応している、高画質なおすすめレンズを紹介していきたいと思います。

 

標準ズームレンズ

Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM

使い勝手の良い、標準ズームレンズです。105mmの中望遠まで撮影できるのが使いやすくていいです。

風景写真やポートレート撮影などに向いています。

このレンズは逆光性能が非常に高いです。
旧モデルはフレアやゴーストが発生することがあったのですが、このレンズになってからそれが大きく改善されています。
画質については絞ったときに驚くほどシャープに撮影することができます。

手振れ補正も高性能でブレにくいです。

 

広角レンズ

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F2.8 L III

キャノンの広角ズームレンズで一番おすすめなのが、この16~35mmです。
超広角域から、標準域まで撮影することができて使い勝手の良いレンズです。

画質も単焦点に負けないくらい素晴らしい画質で、視野の端でも画質が落ちることがありません。
Ⅱの時は逆光に弱いのがネックでしたが、Ⅲになってから改善されて、フレアやゴーストもほとんど出ることがなくなりました。

超広角で明るいレンズなので、星空撮影に非常に向いています。

ただ、ちょっと価格が高すぎるのがネックです。
性能を考えれば、相応の価格なのですが、もう少し安くなってほしいところです。

 

 

単焦点レンズ

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応

キャノンの50mm単焦点レンズです。

キャノンのレンズの中で最も売れているレンズです。
このレンズは撒き餌レンズとして有名なレンズです。

ポートレート撮影をするのにはもってこいのレンズです。

開放F1.8なので、とてもきれいにボケた写真を撮ることができます。
この性能で、1万円台で買えてしまうレンズは他にありません。

まだ持っていない方にはぜひとも買っていただきたいレンズです。

 

 

Canon 単焦点広角レンズ EF24mm F1.4L II USM フルサイズ対応

キャノンのF1.4、24mmの単焦点広角レンズです。

やっぱり最終的に行き着く先は単焦点レンズだなと思わせてくれる非常に高画質なレンズです。

ズームレンズでは表現できない圧倒的なボケと周縁まできっちり解像してくれる画質の良さが素晴らしいです。
画質はキャノンのレンズでもトップ性能です。

広角レンズはボケにくいのにもかかわらず、開放ならしっかりとボケてくれます。

広角レンズで開放F1.8なので、星空撮影にも向いているレンズです。
驚くほどたくさんの星を写真に写してくれるので感動します。

 

マクロレンズ

Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ

キャノンの100mm単焦点マクロレンズです。

フルサイズ用のマクロレンズであればこちらで決まりです。
サードパーティのタムロンでも性能のよいマクロレンズが出ていますが、画質やオートフォーカスなどキャノンのマクロレンズに分があります。

100mmの開放F.2.8で撮影することができるので、背景もばっちりぼけた写真を撮影することができます。
マクロレンズ独特のパリッとしたコントラストの良い感じがとても素敵です。発色も素敵で色が綺麗で鮮やかに写ります。

マクロ撮影だけでなく、ポートレート撮影にもおすすめのレンズです。

 

 

望遠レンズ

Canon 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II

キャノンの100~400の望遠レンズです。
望遠レンズの中で最もおすすめです。

100~400mmの高倍率ズームが可能で、とても汎用性の高いレンズです。
400mmの超望遠域も撮影することができるので、スポーツ撮影や野鳥撮影もこなすことができます。

画質も非常に優れていて単焦点レンズにも劣らない性能です。

そして特筆すべき点はオートフォーカスの速さとレンズの軽さです。

オートフォーカスが非常に速いので、飛んでる鳥や動いているスポーツ選手などにもバッチリピントを合わせることができるので、臨場感のある写真を撮影することができます。

400mmレンズとしてはとても軽くてコンパクトなので、手持ち撮影にとても向いているレンズです。
望遠レンズでしたら、このレンズを購入すれば間違いないです。

 

 

 

 

カメラカテゴリの最新記事