キャノンのフルサイズ対応マクロレンズ100mmF2.8が高性能ですごい!

キャノンのフルサイズ対応マクロレンズ100mmF2.8が高性能ですごい!

フルサイズ機用のマクロレンズであれば、キャノンの100mmF2.8マクロが非常におすすめです。 

そこで本記事ではキャノン100mmF2.8マクロの評価やレビューをしていきたいと思います。

 

キャノン 100mm F2.8 マクロの性能

焦点距離 100mm  
F値 2.8  
レンズ構成 12群15枚  
最短撮影距離 30cm  
最大撮影倍率

1倍

 

手ぶれ補正 4段分

フィルター径 67mm

質量 625g

評価・レビュー

写りは非常にシャープで、とてもキレイに写ります。

さすがはキャノンのLレンズといったところです。

解像度がとても高く、マクロらしいパリッとした写真を撮ることができます。色収差もほとんどなく、発色も綺麗です。

単焦点レンズのため、ズームは出来ませんが、その分高画質で背景も綺麗にぼけます。

初心者にも使いやすい画角で、おすすめのマクロレンズです。

画角としては中望遠となります。フルサイズ機にも対応しています。APS-Cサイズ機となると、フルサイズ換算で焦点距離が約160mmになるので、ちょっと望遠すぎると思います。

どちらかというと、フルサイズ機で使うのにおすすめのマクロレンズです。

APS-Cサイズ機であれば60mmマクロレンズのほうがおすすめです。

レンズ内手ブレ補正も優れていて、通常撮影時には4段階分の手ぶれ補正、マクロ等倍撮影時にも2段階分の手ぶれ補正がついています。

マクロ撮影では、被写体を大きく写すことが出来るため、必然的に手ぶれしやすくなってしまいます。

ですが、高性能な手ぶれ補正がついているため、マクロ撮影時にも手持ちでマクロ撮影をすることができます。

キャノンの100mmマクロは、マクロ撮影以外にもポートレートや風景撮影など、幅広く使うことができます。

ポートレートでは、標準レンズに較べて、肌の質感まで綺麗に表現することができます。そのため、プロのカメラマンも、ポートレートにこのマクロレンズを用いる方もいらっしゃいます。

他にも開放でF2.8と明るいため、天体撮影に用いられることもあります。

 

キャノン 100mm F2.8 マクロの作例

クモの糸についた水滴を撮影した一枚です。
マクロレンズらしさが前面に出ています。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Jewel Nawab (Polyura delphis) . . #lepidoptera #insect #insects #butterfly #butterflies #flutters #igclub_butterfly #beauty #beautiful #nymphalidae #Rani #assam #northeastindia #india #worldofbutterflies #macro #macrophotography #macrolovers #canon #canon6d #canondslr #canon100mmmacro #kenko #guwahatiplus #wild #wildelife #wildelifephotography #insta #instapic #pics

Raju Dasさん(@flutterboy_rani)がシェアした投稿 –

マクロレンズと言えば昆虫ですよね。毛の一本一本しっかり写っていて解像度の高さを感じさせてくれます。

マクロレンズでのポートレート写真です。
肌の質感まで細かく表現されていてとても素敵な写真です。

 

【関連記事】

キャノンのおすすめマクロレンズ6選と選び方